死者の鏡と生者の鏡

2018.02.11 Sunday

0

    夢を見た

     

    忘れない内に書く。

     

    大きくて豪華な棺が現れた。

    黄金の棺である。そう、エジプトのファラオが眠っているような豪華絢爛な棺。

    その棺の蓋が開き、中から黄金のマスクをつけたファラオが出てきた。

    ファラオは言った。

     

    「貴方に私の全てを捧げましょう。

    欲しいものは何なりと、、、。

    そして最も大事なことは、死者の鏡と生者の鏡。

    貴方は二つの鏡を手にれる。

    それは死者の鏡と生者の鏡。

    今後の貴方にはこの鏡が必要になる」

     

    そう言われた時、はっとした。

     

    映画の「ハムナプトラ」の中に出てくる死者の黒い書とアメンラーの生者の黄金の書。

    死者の書は表紙が黒に近いグレーの色をしていて金属で表紙ができていて。

    生者のアメンラーの本は表紙が黄金で出来ている。

     

     

    もしかして!!!???

    まさか!!!!!!

     

     

    私は思わずベットから起き上がった。

    昨日も鏡のことで書きましたが、先日購入した鏡が何となくしっくりこなくてどうしようかと思っていた。

    周りの色が黒っぽいグレーで、周りが木製ではなく鉄板なんです。

    何でこれを買ったのか?わからないんです。でも実際にここにある。

    °˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°きらきらしているサロンに合わないな〜と思って。

    それで寝室に移動していたのですが、今日はファラオが現れたのです。

    昨日みて、サイズが入ったら購入する予定の鏡は、何と、周りに金箔が張ってあるんです。

    その上から蝋か何かを塗ったような重厚な鏡で、なんと黄金の鏡なんです。

     

    映画の中で出てくる、黒い表紙の死者の書は、実は私が買ったグレー色の死者の鏡。

    そして、アムンラーの生者の黄金の書は、これから買う黄金の鏡のことだったのです。

     

    ああ、そうか。

    そうゆうことか。

     

     

    病気で死にそうな人にヒーリングをするときは、死者の鏡の前でヒーリングをする。

    すると健康に元気になる。

     

    本人や家族が死を望み、苦痛と悲しみだけの中、寝たきりの難病にかかり死ねない場合は、

    アムンラーの生者の鏡の前でヒーリングをする。

    死ぬべきものが楽に極楽に行ける。

    このヒーリング、凄く重要です。

    今後の日本に凄く必要なのです。

    こんな風に書いてはいけないかも知れませんが、でもほんとに必要なんですよ。

     

     

    私は最近、ずっとそのヒーリングをしたかった。

    なぜかわからないけれど、ずっと思っていました。

    過去に何度かそうゆう相談を受けていたので。

    でも何かが足りないと思っていて。

    何が足りないんだろう?ってずっと思っていた。

     

    それが、この古代エジプトの書である現代の鏡だった。

     

    びっくり仰天です。

    黄金の鏡が揃った時、私は今までにできなかったヒーリングができるようになると思います。

     

    先日見た髑髏の夢もここに繋がっていた。

    あれは今までにはない未知のエネルギーが手に入る。という意味だった。

    黄金の鏡が楽しみです(*^▽^*)

     

     

    そうそう。

    もう一つ言われた、ファラオから。

    昨日、入った高級家具のお店ですが、実は次の世界の入り口だったそうです。

    今までの私だったら絶対に入らないであろう、別世界の家具や調度品が置いてあるお店の入り口を潜った時

    次の世界の扉が開いた。とファラオに言われました。

    だって、何で急にファラオ?って思ったので聞いたんですよ。

    なぜ貴方がいらしたの?って。

    そうしたらそう答えてくれました。

    素晴らしい調度品の中にエジプトの神?をモチーフした調度品もあったようで。気付かなかった(-_-;)

    アヌビスかな?そういえば、そんな感じの置物があったような、、????

     

     

    さて、次の扉が開いたようです。

    どうなるのか、楽しみですね。