二兎追うものは一兎をも得ず

2018.02.12 Monday

0

     

    二兎追うものは一兎をも得ずとは、、

    同時に二つのものをしようとすると、どちらも成功せずだめになってしまうこと。

     

     

     

    ちょっとここで彼氏の話をしましょう。

    私が出会った時(6年前)ですが、彼氏は今の本業の仕事の他にエステサロンも経営していました。

    なぜエステサロンを経営しているの?

    と聞いたことがありますが(あまりに本業の仕事とかけ離れていたので)

    それは今の仕事が不景気になった時に少しでも力になってくれる別の仕事があればいいかな〜と思って。

    というようなことを言われたことを記憶しています。

    ちょっと違う言い方だったかも知れませんが(笑)

    多分、一度会社が倒産の危機になったときに、別会社があってそちらが何かしらの助けになればいい。

    と思ったらしいのです。

    本業の業績が低迷したときに別の仕事があって、そちらの業績が良ければ結果プラスになる。

    助けになる別の仕事があればいいな。という風に考えたんだと思うのですが(違っていたらごめんね〜(-_-;))

    でもその後、暫くして彼氏はエステサロンの経営から手を引いたんですね。

    一気に手を引きましたね。

     

    理由は、ただ一つ。

    業績が悪かったこと。

    (本業の足手まといになっているようなマイナスの業績だったのですが、そのマイナスが年々増えている為。)

    そして、二兎追うものは一兎をも得ず。ということを肌身で知ったからだと言っていました。

    本業、つまり今の会社を支えている土台となる会社で成功をすることが本当の成功で、大事である。

    ということに気付いたんだそうです。

    エステサロンのマイナス分を本業の方でフォローしていたのですが、

    悩んだ末にそれを解消するためにエステサロンの経営から手を引いた。

    これは社長としての選択と判断だと思うのですが、やはり悩んだそうです。

     

     

    彼氏が良く言うのは、今の、生活費を稼いでいる仕事が成功していないのに、他の仕事に手を出す人がいるけれど、

    それは違うよね、本末転倒だよね。って。

    自分でも経験しているのでわかるのだと思うのです。

    一つのことをやって、それが成功していないのに、なぜ他のことが成功すると思えるのか?

    他の仕事がうまくいくと思えるのか。

    うまくいくはずがないだろう。って。(笑)

    目の前の仕事がうまくいっていないのに、更に他のことをやるって、、全てが甘いよね。って。

     

     

    私もそう思います。

    ご相談に入らっしゃる方にもいらっしゃいますが、以外に多いんです。

    あれやこれやと手を出す人が。

    そしてとても簡単に考えているし、安易に手を出す。

     

    50代の方ですが、会社に正社員で勤めているのに、会社の不満ばかり言う方がいました。

    とにかく様々文句ばかり(-_-;)

    で、貯金はなく、それどころか借金があるのに簡単に自分で事業をやろうと思うんです。って言うんです。

     

    「何をするの?」

    って私が聞くと、

     

    「パワーストーンのブレスレットを自分で制作してネット販売しようと思うんです。」

    って言うんですよね。

     

    で、、、

    「何でそれで儲かると思うの?なぜ生活ができると思うの?その根拠はなに?」

    って聞くと、、

     

    「私はそうゆうものが好きで、いい石を仕入れる仕入先を知っているんです。

    他の石とは違うものを使って販売すれば売れると思うんですよ!!自信あるんですよ。私」

    って真面目に言うんです。

     

    おい、大丈夫か?(-_-;)

     

    今の社員の給料分をブレスレットをネット販売で稼ぐって、どれだけ大変か分かってる?

    いや、分かっていないな。

    そのHPシステムを作るだけでも相当な金額が掛かるし、仕入れるお金もかかる。

    勿論、売れなかった時の生活費の預貯金も必要になる。

    貯金ないって言ってなかった?

    借金あるって言ってたよね〜〜?(-_-;)

     

    「何で売れると思うの?世の中、そんなのざらにあるよ?」

    私はもう一度、聞きました。

     

    「私、そうゆうものはなぜかわかるんです。いい石を使えば絶対に売れると思うんです」

     

    で、ここでちょっと喝!!!

     

    まあ、結局、今の社員を続けていく。ってことで納得して頂きましたが。

    本当に多いです。こうゆう安易に他の道に行ってしまう方が。

    それは全て、今の状況に不満があるから。だと思うのです。

     

    「でも貴方の年齢で、正社員で雇ってくれる会社なんて、今、滅多に無いよ?

    そりゃ様々不満あるかも知れないけれど、でも毎月給料をちゃんと貰えるって、こんな幸せないよね?

    なんで今の幸せに気付かないのかな?

    給料を貰っているから貴方は、貯金がなくても、借金があっても悩まないんじゃないんの?

    毎月入ってくるってわかっているから。

    それは会社の御蔭で生活が安定しているってことだよ。

    変な心配がないから貴方は健康だし、だから仕事ができる訳でしょ?

    それは文句じゃなくて、感謝じゃないのかな?」

     

    と、何度も言い聞かせ。(笑)

    結局、納得して頂きました。

     

    「そうですよね、私、今、幸せなんですよね。」

    って、やっとわかって頂いて、良かったですわ〜(((o(*゚▽゚*)o)))

     

     

    彼氏の話から逸脱しちゃったけど(笑)

    結局、目の前の仕事に満足して、そこで自分の中で成功をしなければ、他に行っても同じこと。ってことです。

    やはり今の仕事ができることに感謝する。

    今の生活があることに感謝する。

    不満はみんなあるけれど、でも私たちは生活をするために働いているので。

    (彼氏のように仕事が大好きって人もいますよね(笑))

    仕事は生活をする為の手段だから。

    そこを間違えたらダメですわ。