お金を動かす人と動かされる人。

2018.07.05 Thursday

0

    お金を動かす人、動かされる人。

     

    文字にするとたったこれだけです。

    同じような文字数で、とても単純です。

    でも実際には天と地ほども差があるのです。

     

    あくまで健康な人の場合いで書きますよ。

    お金を動かす人は、まあ、そうですね、分かりやすく説明すると、彼氏のような人ですね。

    勿論、一代で始めた会社です。

    親から譲り受けたものではありません。

    何も全くないところから、自分で始めた会社を20年でここまで大きくした彼氏は、まさにお金を動かす人です。

    でも実際にはお金がない!という危機的なこともあって(笑)

    それでもそこを乗り越えどんどん大きくなって、そして新たに工場まで建ててしまった彼氏は、勿論強運の持ち主ですが

    それ以上にお金に対する扱い方を知っている人です。

    つまり、お金を動かす人です。

    先日、無事に地鎮祭が終わったよ。と連絡を頂きました。

    勿論、事務所兼工場にする場所の地鎮祭です。

    この事務所兼、工場の場所を彼氏はずっと探していました。

    自社工場を作る。が、彼氏の中の一つの夢でした。

    でも条件に合う場所がなく、諦めていた矢先、条件にぴったりの物件に巡り合ったのです。

    銀行は幾らでも貸します。という。

    幾らでもってさ、、借りたら返さないといけないよね?って(笑)ながら話していましたが、この話を聞いた時

    私の中では

    「ああ。ここに決まるんだろうな。彼氏はやるんだろうな」

    という確信的なものがありました。

     

    結果的に何億ものお金を銀行から融資して貰って、そこを購入して、地鎮祭をやるまでに至ります。

    勿論、そこに至るまでに彼氏はできること、全てをやりました。

    日本中、車で駆け巡ることをなんて、平気な彼氏です(笑)

    全てやった、頑張って働いた結果として、今の現実があるわけです。

    目の前の物質があるわけです。

    やったことの行動が伴って、そこにお金という流通が巡ってきて、夢であった自社工場を建てる。

    という結果がついてきたのです。

    それが夢を叶える。という一つの現実を生みました。

     

    一年365日。彼氏は休むことをしません。

    風邪を引いた時くらいです。

    それ以外は全く休まないんですよね(笑)

    なぜ休まないのか?と問うと、仕事が好きだから。と必ず答えます。

    いつ休むの?と聞くと、寝てる時。って答えるんですよね。大笑い!!!

    寝てる時かい!!!???(((o(*゚▽゚*)o)))

     

    「生きてれば色んなことあるよ、苦しいことも辛いことも。でもいい事も絶対にあるからさ。

    だから人生、辞められないよね。楽しいし、もっと気持ちいいことしなきゃ損だよね!」

     

    って、笑って言います。

    これ、凄いことです。そう言い切ることが凄いわ。といつも思います。

    でもだから、お金がついてくるんだろうな〜って。

    だから、お金を動かす力を持っているんです。

    そして彼氏は常に考えているんです。

    どうやったらもっと儲かるか?って。

    どうやったら社員をもっと幸せにできるだろうか?って。

     

    お金を動かす人って、お金が今現実としてある。ないじゃないんです。

    自社工場を建てる。じゃあ、その為には何が必要か?って考えて、それを実行する。

    それを実行してまた考える。上手くいかなくても諦めない。

    更に考えてできだけのことを全てやる。全てやるんですよ。

    それが実行なんです。体を動かし、あっちにいったりこっちに行ったりして。

    銀行から融資を受ける為に必要なことを全てやる。

    貸してくれないって言っても、彼氏はきっと諦めなかったと思います。

    ここだ!!と思ったら、そこを購入するためにはどうしたらいいか?を考えるでしょう。

    ありとあらゆる手を尽くし、それを実行します。

    現金が手元にある人なんて、そうそういませんよ。

    でも大事なことは、欲しいものを手に入れる為に出来ることを全部やるかどうか。なんです。

    あれが欲しい。

    例えば、ヒーリングセミナーを受けたい。

    でも今はお金がない。

    でも絶対に受けたい!!!

    そう決めたら、どうやったらそれを受けられるかをあらゆる方向から考え、その考えを行動に移す。

    それがお金を動かす人なんです。

     

    私はいつも言います。

    決めたらお金は必ず揃うから。って。

    それはつまりは、こうゆうことなんです。

    決めたからお茶でも飲んで待ってるか。じゃだめなんですよ。

    それは決めたことにはならないです。

    絶対にこれが欲しい。と思ったら、じっとしられないじゃないですか。

    お金がないんで。なんて言ってられないですよ。

    何とかする。絶対に何とかする。そのために動く。とにかく動くんです。

     

    娘がバイトをしていたとき、時給1000円でした。精密機械関係で(笑)

    なぜそれをやっているのか分からなかったのですが、何か頑固たる決意があるのは分かりました。

    この子は何かを手に入れる為に、今は寡黙に、だが必死に戦っているんだな、自分自身と。って。

    無駄かも知れない。でもじっとしているよりは断然いい。絶対にいい。

    そう思ったんでしょうね。

    でもそのおかげで、彼女は夢を手にしました。

    無駄だと思ったことでも、必死に縋ってやった結果だと私は思うのです。

     

     

     

     

    お金に動かされる人は、常に言います。

    「私、お金がないんです」って。

    これ、絶対に禁句なのに、まるで自慢するかのように言うんですよね。

    正直、呆れてしまいます。

    そうゆうことを簡単に言ってしまってはだめだよね。

    なぜなら、本当にそうなるからです。

    ないならそれが手に入るあらゆる方法を考えて行動に移せばいい。それだけなんです。

    本当に欲しかったら自分から動かないと。

    それにいつも思うんだけど。

    お金が無いって、簡単に言うけど、どうゆうことかわかる?って私は聞きたい。

    本当にお金がないって、どんなに惨めで厳しく大変なことか分かってる?って聞きたい。

    私は知っているよ。

    父の会社が倒産したとき、お米も買えなくて本当に惨めで辛い時を過ごしてきたことがあるから。

    だからお金がないなんて怖くて言えないです。

    だから分かるんです、お金が本当にないってことがどうゆう状況か。

    でもそんな時こそ、お金が無い。なんて意地でも言えなかった。

    私はその時、まずは働こう。と思って行動しました。19歳にならないときです。

    昼間はデパートの店員。夜はスナック。土日はパーティコンパニオン。

    2年間、休まずに働きました。風邪を引いても一日で治しましたよね。根性で(笑)若かったからね。

    でもそうゆう頑張っている姿を見ている人って、必ずいるんですよね。

    必死に働き、自分をぶれずに持っている人の姿を見ている人は必ずいます。

    生きざまを見ている人は、必ずいる。

    私はお酒が飲めないので、お酒で身を亡ぼすこともなく、男の人に溺れることもなく大笑いゲラゲラ!

    男に溺れている暇なんてなかったんですよね、実際は。

    でも、とにかく必死に毎日生きていました。生きる為に働きました。

    そんな中、私はスナックのマスターに店を任せるから自由にやっていい。と言われたのです。

    20歳の時です。水商売に入ってまだ一年弱の時です。

    びっくりしましたが、私にならできる。とマスターは言いました。

    私の働く姿を見てそう思ったらしいのですが、実際には先輩である年上の女の子が5人。

    どうしましょう。と思いました。

    でも彼女たちも私が必死に働き、行動している姿を見ててくれたので素直に私をママさんとして敬ってくれて働いてくれました。

    御蔭で店は大繁盛!!!

    マスターウハウハ!!!

    大儲け!!!大笑い

     

    でもここでマスターの失敗がありました。

    それは凄く儲かっているのに、私が頑張っているのに、私の給料を上げてくれなかったのです。

    全部自分のポケットに入れてしまったのよ。残念だね。

    それを見てて、私は店を移ろうと思っていました(凄い大きなクラブのママになる話が来てたんですよ(笑))

    まあ引き抜きですよね。

    22歳の時ですよね。ええ〜?私にですか〜〜?って感じでもうびっくり仰天!!!

    ランクも規模も全然違うので!!給料もすんごい金額で(@_@)ひえ〜〜〜〜!!!

    正直、迷いましたが、私はちょうどその頃出会ったある人と結婚して水商売を卒業しました。

    これも運命かな〜?(笑)

    頑張ってた私に神様が用意してくれたんだね、きっと。

    でも水商売をやっていた女性と結婚するって、その時に出会った彼も勇気あるよね(笑)

    ここでクラブのママになる。を選択していたらもっと違った人生だったかも知れないですね。(笑)

    私が辞めると、マスターの店は二か月で潰れてしまいました。
     

     

     

    子供が習い事をやっている時。

    カナダに遠征に行くことになりました。

    でもほとんどの親が既に決まったことなのですが、文句のオンパレード。

    集まってはお金が無いの自慢です。

     

    「私の家、そんな余計なお金なんてないのに。どうしたらいい?」

    「私の所もよ!!そんな遊びに使うお金、無いよね?」

    「うちだってないわよ。生活費だってないのに。いつもお金ないのに、どうしよう」

     

    もう聞いているだけで嫌になってきます。

    だったら行かなきゃいいじゃん。っていうか、反対すればいいのに。賛成したよね????

    それまで時間あるし、バイトでも何でもやって稼げばいいじゃんって思うけど?

    そう思いましたよね、ええ。で、私が疑問に思ったこと。

    なんでお金がないことを自慢するんだろう?ってことです。

    自慢するってことは、実際はお金はあるんですよね(笑)

    本当になかったら、無いって言えないもん。そうでしょ?

    それにしても、何でお金がない。って人前で自慢げに言うんだろう?本当はあるからだろうね〜〜(笑)

    これって、めちゃくちゃ強力な言霊なんだけど。

    本当に無くなっちゃうよ。ほんとうに。

    私はお金がないって絶対に言いませんでした。なぜかわからないけどね。

    だからかも知れませんが、私のところは金持ちだ。と散々言われましたが。

    いや。単純にお金が無い。って言いたくなかったんだよね。うん。

    何とかしよう!!と常に思っていましたから。

     

     

    ここまででお分かりでしょうか?

     

    お金を動かす人。

    お金に動かされる人。

    まあ、そうゆうことです(((o(*゚▽゚*)o)))