自分は何のために生きているのか?

2019.02.05 Tuesday

0

    自分は何のために生きているのか?

     

    その問いにすぐに答えられる人は稀だと思います。

    私もず〜〜〜〜〜っとわかりませんでした(笑)いや、本当に。

    55年かかりました、わかるまでに。大笑い!!

    でもわかっただけ、よかったと思っています。

    凄く単純で簡単なことでしたが、全くわかりませんでしたね。

     

    それが分かった時の衝撃はまるでタロットカードのタワーあ〜〜(;^_^A(;^_^A(;^_^A

     

    貴方はわかりますか?

    自分は何のために生きているのか?

    この世界で生きている理由はなんですか?

     

    綺麗な黄金色

    2019.02.04 Monday

    0

      綺麗な黄金色になっていく日本列島。

      それが見れて本当に幸せな昨夜のアチューメントでした。

      皆様のおかげでございます。

       

      最初は真っ暗な部分が少しずつ明るくなって、、それがぴか〜〜て光ってきて。

      地面の下から光が溢れて、、それが日本列島にどんどん広がって広がって。

      日本ばかりか周りの国へ広がって、、地球全部が光り輝く姿はまさに壮観でございました。(((o(*゚▽゚*)o)))

      みんなにも見せてあげたかった、うん。

       

      いがみ合いも少しづつよくなっていくよ。きっとね。

      だから未来に希望を持って生きよう。ね。

       

       

      不思議な現実の世界とパラレルワールド

      2019.02.03 Sunday

      0

        今日は遠隔アチューメントです。

         

        そんな日に、ある出来事がありました。

        それは母を預かってくれている老人ホームからりおんちゃんに電話が来たのです。

         

        母の部屋にはポータブルトイレがあるそうですが。

        それを母専用に購入したいのですが、いいでしょうか?という確認の電話でした。

        母はお漏らし?をするようになっていて、夜中にトイレに起きるのですが眠剤を飲んでいるのでふらふらして。

        で、倒れて肋骨にひびが入る。ということも過去にあって。(一緒に住んでいるときね)

        はたまた、薬が合わなかったのか、夜中に起きた母が大笑いで叫んでいて。

        トイレに座れないの〜〜あははは〜〜〜って(;^_^A(;^_^A(;^_^A

        それを見たときは青ざめましたが私!!!

        おかしくなったっちゃった?ってびっくりしてトイレに座らせて、ベットまで付き添って寝かせてやったのですが。

        それが翌朝になると全然覚えてなくて。

        全く話がかみ合わなくてですね、本当に困ったんです。

        でもその時からアルツハイマーがあったのでしょうね。気づきませんでした。

         

        そう。

        老人ホームから電話があって。

        母専用にポータブルトイレを購入したい。という話だったので、お金で済むのであればやってください。

        購入してください。宜しくお願いします。と、施設の方にお願いしました。

         

        この時にりおんちゃんと話したのですが、本当に施設に入れることができてよかった。と、改めて思いました。

        お金で済むのであれば、こんな有難いことはない。と。

        世の中、お金で解決できないことって、めちゃ多いんですよ。(生霊とかねっ(笑))ああ、私は解決できますよ、はい(笑)。

        そんな中で、お金で解決できるのであれば、こんな有難いことはないです。

        はっきり言ってですよ(笑)

        こんな下の世話、私もリオンちゃんも無理だもん。

        でも施設に入る前に、母がたまに臭かったんですよね。

        だからもしかして、既に漏らしていたのかもしれませんね。

        で、今日、そんな電話を貰って。

        改めて思ったのは、この現実でよかった。ということです。

        他にも未来はあったので無数に。

        でも今の現実で本当に良かったと、心から思うんです。

        施設に必要なお金は義理の父の年金の半分で賄えるし、足りない分だけ出せばいいし。

        こんな有難いことはないですよ。本当に、じいちゃん、ありがとう涙!!!

        財産は残してくれなかったけれど、でも年金という財産は残してくれていたんです、じいちゃん。

        本当にありがたいですよ、年金。

        ばあちゃんが死ぬまで貰えるんですもん。

        それはじいちゃんと再婚したから貰えるもので、母が一人だったら絶対になかったものです。

        ここでも、この現実でよかった。本当にありがとうございます。

        と、感謝をしたのです。涙。

         

         

         

        もし、あの時、義理の父と再婚をしていなかったら、、、。

        もしあの時、思い切って母を施設に入れていなかったら。

        もしもあの時、母を受け入れてくれる施設が見つからなかったら、、、。

        何か一つでも歯車が狂っていたら、今の現実とは別の現実になっていたと思うのです。

        今はないと思うのです。

         

        全く、そう思うと、めちゃ怖くなります。生きた心地がしませんわ(笑)

        母が施設に入っていなかったら、、怖くて想像できませんもん。Σ( ̄ロ ̄lll)ガーン

        そうゆう意味でも、この現実でよかったわ。

        様々、未来のパラレルワールドはありますが、この現実をもって来れてよかったわ。

        そう実感した一日でした。

         

         

        そして、今は両親の介護をしていない人も、あと2年、5年、10年後には介護になると思います。

        今は想像できないかもしれないけれど、でも確実にそうなります。

        その時に初めてわかるんじゃないかな。

        ああ、あの時にヒーリングを学んでいてよかったって。

        様々な奇跡的なことが起こって、大難が小難になって、すんなりと物事が運んで。

        その時に初めて宇宙の根源のヒーリングの凄さや有難みがわかるのだと思います。

         

        私やりおんちゃんのように、ね。(笑)

         

        本当に、宇宙の根源のヒーリングに出会えてよかった。

        心から、今ではそう思います。

        本日は、日本列島アチューメント

        2019.02.03 Sunday

        0

          本日は日本列島のアチューメントを行います

          お申込みを頂きました皆様、よろしくお願いいたします。

           

          青龍桜子

           

           

           

           

          こんにちは。青龍桜子です。

          皆様、日本列島アチューメントのお申込みありがとうございます。(((o(*゚▽゚*)o)))

          あったかいお言葉もあって、本当に嬉しい青龍です。

          みんな日本、好きなんだ。みんな日本頑張れ!!って思ってくれている。

          その事実が、本当に嬉しいと感じます。本当に、本当に心から感謝いたします。

          2月3日、23時〜アチューメント、行います。

          どうぞよろしくお願いいたします。

           

           

           

           

          コメント読ませていただきました。

          皆様のあったかいお言葉、本当に感謝感激でございます。

          こんな風に日本を思う心が次第に大きくなっていって、水面に広がる波紋のように

          「日本、素敵!頑張れ」「日本、元気にな〜〜れ!」「日本大好き💛」「日本はいい国だね」

          の、魔法の言葉のように、そのエネルギーが広がっていくんだな〜と思いました。

          アチューメントしようって、私の心が動きました。

          アチューメントは、詰まっているパイプの中を綺麗にするんですよ。

          そしてもっと大きく広げる、大きくするんです。

          そうすることによって、より多くの宇宙の根源のエネルギーが受け取れるでしょう?

          今までは洗面器だったのを、琵琶湖くらいにしますわ。おほほh^〜〜〜〜〜。

           

           

          2月3日・日23時〜やります。

           

           

           

           

           

          今日は初午の日

          2019.02.02 Saturday

          0

            今日は初午の日です(*^▽^*)

             

            私も笠間稲荷神社に行ってきますわ。

             

            皆様もお時間がありましたら是非!!

             

            生霊は家族の別の人を攻撃する

            2019.02.01 Friday

            0

              生霊はしつこい(笑)

               

              昨日も生霊の人にヒーリングしたけど。

              子供に来てたから最初はね。それはヒーリングで防いだけど。

              そこにいけないってことになったら、今度は家族の中で行ける人を見つける。

              それが生霊です。

              で、今回はお母さんに行っちゃった。

               

              体調がずっと悪くて、、全然治らない。

              おかしな?と思ってヒーリングしたら、、生霊の大群でした。

              こりゃ死んでてもおかしくない。

              何万という矢が飛んてきていました。私が見たとき、矢の雨あられ。

              そんな生霊の攻撃を受け続けていて、お母さんはぐったり。

              ヒーリングして、生霊をもとの場所に返して。

              そしてお母さんの傷ついたエネルギーを肉体から浮かして、再生していきました。

              エネルギーの再生です。

              これをやるには肉体から少し浮かせたところでやるのが一番、早いからです。

              まあ、幽体離脱みたいなもんですね。(笑)

               

              その後、お母さんは元気になりました。

              痛みもなくなり、生気が戻ってきました。

              よかったわ。

              あのまま放っておいたら大変だった。

               

              皆様も生霊には気を付けてくださいませ。

              貴方が大丈夫になっても必ず、家族の誰かを狙ってきます。

               

              高校のレベルを上げる?下げる?

              2019.01.31 Thursday

              0

                受験シーズンですね。

                親でしたら誰でも悩む時期です。

                 

                娘のりおんちゃんは受験をしませんでしたので(推薦入学)受験生ってものを知りません(笑)

                でもこの推薦入学に決めるまで、娘と話したことがあります。

                それはですね。

                頑張れば県で一番の高校に入れる。

                勿論、東大・京大を目指している高校なので、必死に勉強をしないとついていけないくらいレベルが高い。

                でも頑張ればそこに行ける。と、先生に言われていました。

                 

                どうする?頑張る?って聞いたら、娘は直ぐに「ううん、頑張らない」って言いました(笑)

                頑張って行っても、毎日頑張らないといけない。そんなのは嫌だというのです。無理無理って(笑)

                そうか。

                じゃあ、一つ下げて@@高校にする?って聞くと「ううん、遠いからヤダ」というのです。

                まあ、遠いよね、うん。

                それに受験しなきゃいけないのも、嫌だというのです(笑)

                そりゃそうだよね。

                じゃあ、3番目に推薦で行ける高校にする?先生は推薦で行けるって言ってたよ。

                と聞くと「うん、そこでいいよ」と言いました(笑)

                 

                ということで、、娘の高校はあっという間に決まりました(笑)

                一つ上げるか、下げるか。

                上の中くらいでしたら悩むのも有かな?と思いますが、中間で悩んでいるのであれば、横一列だと思うのです。

                どこに行っても変わらないですよ。

                大事なことは、将来、何になるか?だと思うのです。

                 

                娘の友人で部活が一緒の女の子がいました。

                成績は中くらいです。

                一つレベルを上げて頑張るか。

                それとも安全圏をとるかで悩んでいました。

                結果、彼女がとったのは、レベルを上げるのではなく、安全圏でした。

                つまり、レベルを下げたのです。

                でも結果的に彼女はそこで頑張らなくても成績は上位にいて、卒業後は銀行に勤めることができました。

                そして同じ銀行に勤める人と結婚して、今では幸せに暮らしています。

                あの時、もしレベルを上げようと頑張っていたら、もしかしたらその高校に落ちてしまっていて

                滑り止めの高校に行っていたかもしれません。

                そうなってしまったら、銀行への就職はなかったと思うのです。

                大事なことは、その高校で上位の成績にいるか、それとも下位の成績にいるか、だと思うのです。

                同じレベルの高校なら、絶対に上位にいた方が就職に優位です。

                 

                娘の友人ですが、銀行に行った友人と同じ高校で、看護学校を出て、看護師になった友人もいます。

                今では大きな病院で看護師をしています。

                 

                 

                大事なことは高校のレベルを上げる、下げるではなく。
                将来何になりたいか。だと思うのです。

                大事なのは高校ではなく、その先なのです。

                 

                 

                お見合いパーティーに行ってきた、パート3

                2019.01.31 Thursday

                0

                  まあ、なんでしょうね。

                  彼氏にこの話をしたらなんていうか、検討つきますわ(笑)ええ。

                   

                  「お前は一体、どんだけ偉いんじゃい?」って言うわ。うん。

                  「俺の前で見事に起ったら褒めたるわ」ぐらい言うだろうな。大笑い。

                   

                  結局、この開業医さんは、自分の世間体の為に結婚を望んでいた。ということです。

                  で、子供も欲しい。と。

                  相手のことなんて、な〜〜んにも考えていません。

                  女性のこと、何も考えていません。

                  相手を幸せにしたいとか、全くないですから。

                  こうゆう男性、今、凄く多いです。

                  しかも、家同士のレベル?が同じでないと結婚はできない。と、ちんぷんかんぷんなことを言っていまして大笑い!

                  先生、大丈夫ですか〜?みたいな感じでございます。

                  どれだけ自分に自信あるの〜〜?

                  そんなこと言ってると、いつの間にか棺桶に片足突っ込んでるってことになるよ〜。

                  人生、楽しみ減らしてるよ〜〜その性格と意識。

                  人生終わっちゃうよ〜〜〜(笑)

                   

                  ということで、次、いきますわ。

                   

                   

                  覚えている方が一人います。

                  その方は自営業の方で結婚経験なし。

                  家具の販売?って言ってたかな?あと、家賃収入あり。でした。

                  まあ、田舎の方ですが、アパートをもっていて、その収入もあるということでした。

                  でもなんか、、そう、悲壮感があって。

                  なんだろうな?って思って話を聞いていると。

                  ご両親も既に他界されていて、子供もいない。勿論結婚していないからね。

                  で、寂しくて人生の伴侶を求めてここにいらしたようですが、、全身に寂しさが漂っていてですね。うん。

                   

                  「いや、本当に、天涯孤独なんでね、、、、」

                   

                  なんて言っちゃダメよ〜〜〜〜〜!!!!

                  お見合いも何十回もしたらしいのですが、相手が見つからず。

                  なぜ?親もいないし、好条件だと私は思うのですが。

                  やはり、一人暮らしが長いから、結婚して女性と一緒に暮らすのが苦痛らしいんですよ。

                  もう大(笑)でしょう〜〜〜!!がははは〜〜〜〜〜〜〜って笑ったわ。

                  一人でずっと暮らしてきたので、なんか、結婚しても気を使って疲れるんじゃないかな?って思うんですよ。

                  って、じゃあ、貴方はなぜここに来た?みたいな。

                  そもそも論じゃないけど、結婚しなくていいんじゃない?

                  一人でず〜〜〜〜っと暮らしてればいいじゃん。

                   

                  「でもなんか、病気とかになった時に、面倒みてくれる人がいたらいいな〜って思ってね。

                  だから結婚しようかなって思ってお見合いとかしてるんですよ、、」

                   

                  あのさ。

                  女性は貴方の病気の介護するために存在してませんから〜〜!!

                  お嫁さんをそんな風に見る人と、なぜ結婚できる?

                  貴方が結婚できないわけ、わかったわ。

                   

                  「じゃあ、逆に、奥さんが病気になったら面倒見てあげるんですよね?」

                   

                  って聞くと、、、

                   

                  「それがね、、どうなんでしょうね〜。まあ、、できると思いますが、、わかんないですよね実際になってみないと」

                   

                  はあ〜〜〜〜〜〜〜〜〜?

                   

                  「あの〜〜〜なんで自分、結婚できないか、わかっています?」

                   

                  って聞くと、いや、わからないんですよ。って、、(;^_^A(;^_^A(;^_^A

                   

                  そっか。

                  わからないんだ。

                  っていうか、大丈夫?58歳ですよね?あなたは!!

                  もういいんじゃないかな結婚しなくて、うん。

                  ずっと一人でいいと思う、うん。

                  一人で悲壮感漂わせて生きていけばいいよ、ね。

                   

                   

                  続きます

                   

                   

                   

                   

                   

                  お見合いパーティに行ってきた、パート2

                  2019.01.30 Wednesday

                  0

                    さて、最初に私と話した男性は、、忘れました(笑)

                    いや、何か印象が薄かった印象です。あはは〜〜。すみません。

                    二番目に話した男性は、、忘れました。

                    三番目に話した男性は、、忘れました。

                    もうどうしようもないよね。だって〜話がつまんないんだもん。

                    やっぱり彼氏を見ちゃっているからでしょうかね。

                    話がつまらないっていうか、一瞬で相手の心を掴むようなテクニックがないんですよね、みんな。

                    でもだから、こうゆうお見合いパーティで相手を探そうとしているんでしょうけれど。

                    彼氏のように、一瞬で相手の心を鷲掴みできる人って、そうそういないんだ〜って改めて分かりました(笑)

                    取引先と仕事の話をして、一瞬で相手の心と掴むようなことができる人は、やっぱり女性にモテますね。

                    だから彼氏は昔、若かりしときにクラブで遊んでいた時に、ホステスをお持ち帰りできなかったことはない。

                    っていうんですね。

                     

                    あ、話がそれましたね。(笑)

                    そして何番目かで自称、開業医さんと出会いました。

                    年齢62歳、結婚の経験、なし。両親はご健在。

                    え?一度も結婚していないの?びっくりしましたが、ここにいらしている男性のほとんどが結婚経験、ありませんでした。

                    一体、今まで何してたの?でしょう?もうびっくりです。

                     

                    「こちらにいらした目的は何ですか?」

                     

                    と、私が聞くと

                     

                    「結婚でしょう!」

                     

                    と、即答。え?結婚なの?びっくりだわ。

                     

                    「結婚ですか?それはなぜですか?」

                     

                    と、聞くと、

                     

                    「子供が欲しいから!」

                     

                    と、これまた即答。

                    え?子供?結婚の目的が子供なの?ちょっと待って。その年齢で?ってちょっと失礼かもしれませんが。

                    それって、女性に対してどうなのよ。女性は子供を作るマシーンじゃないんだらからさ〜〜。

                    もし本当に子どもが目的なら、40代とか50代の女性を相手に探してるって、目的違いません?

                    もう閉経している人や閉経はすぐそこの女性ばかりですけど〜〜?(;^_^A(;^_^A

                     

                    「子供が優先なら、もっと若くて、畑で例えるなら肥やしがいっぱいで潤っている畑でないとだめじゃないですかね?

                    20代とか、、その方が確立高いと思いますよ〜〜(笑)あははは〜〜〜〜〜〜」

                     

                    と、私が言うと、信じられないことを開業医さんが言いました。

                     

                    「だってさ、結婚って相手の家とのバランスがあるじゃん。こっちばかり高くてもさ、、ね?」

                     

                    って、、はあ?それはどうゆうことでしょうかね?あなたの家の方がレベルが高いということでしょうか?

                    貴方は一体、何様なのでしょう?

                     

                    「やっぱりさ。私の家と釣り合いが取れる家柄でないとね、結婚は。」

                     

                    「なんで子供欲しいんですか?」

                     

                    「俺の血をさ、絶やすわけにはいかないよね。だってそうでしょう。ちゃんと継いでもらわないと絶えちゃうよね

                    それじゃ困るよね?我が家の血筋を絶やすわけにはいかないからさ」

                     

                    「はあ、、、、」

                     

                    まあ、確かに結婚で大事な部分ですよね。

                    でもさ、あなたさっき、一番の目的は子供だって言ったよね?

                    その年齢で、家柄とか、言ってる場合ですかね?っていうか、、貴方、子供作れるの?大丈夫?ちゃんとできる?

                    あっちの方は、、起つの?勃起する?精子、大丈夫?発射する?元気ある?

                    相手云々言う前に、まず自分はどうよ?

                    俺の血って、どんな血よ?吸血鬼じゃないんだからさ。

                    医者だからって、その偉そうな態度は何?

                    なんか嫌な人だわ〜〜。

                    いらないし、そんな血。勝手に絶えればいいわ!!

                    私は、なんか、、だんだんと腹が立ってきました。

                     

                     

                    「子供が目的なら20代の女性を見つけて、まずは自分の子供を産んでください。じゃないですかね?

                    お願しますっって頭下げるくらいの覚悟がないと、結婚して子供産むなんて簡単にはできないですよね。

                    だって、女性が子供産むって命がけですよ、先生は知ってらっしゃると思いますが!!

                    家柄云々、言ってる場合じゃないと思いますよ〜〜」

                     

                    私がそういうと、痛いところを突いたのか、先生は黙ってしまいました(笑)

                     

                     

                    あとさ〜〜お金あるんだから、もっと自分にお金をかけようよ〜〜。

                    もっといい服着ようよ〜〜!!せんせい〜〜〜〜〜!!!!

                    かっこよく見せる努力しようよ〜〜涙(;^_^A

                    どこから見ても、先生に見えないよ。

                    お金持ちに見えないよ、家柄よく見えないよ〜〜〜(;^_^A(;^_^A

                    自分にお金をかけれない男性は、結婚しても妻には絶対にお金をかけません。

                    これは間違いないです。価値観の違いでしょうが、

                    自分自身にお金をかけることをけっちっている人が、結婚してから妻を大事にすると思います?

                    妻に「好きに使っていいよ」って言うと思います?

                     

                    暫くして、先生が言った。

                     

                    「世間体っていうのがあるからさ〜。この年齢でさ、結婚して子供いないとね、周りに変にみられるんだよ

                    一人じゃだめなんだよね、結婚してないと、、わかる?」

                     

                    ほ〜〜ら。本音が出てきました!!

                    出てきたよ、本音が(笑)

                     

                     

                     

                    続きます