「織田信長」に言われたこと

2018.08.07 Tuesday

0

    まあ、夢物語と思って読んでちょ。

     

     

    数年前のこと。

    彼氏と別れてしまったことがある。

    それは、私が依存女?心配女?構って女?になってしまったせいだった。と思う(笑)

    仕事が忙しいと言っている彼氏に「会いたいのに、話したいのに、何で連絡くれないの〜?」みたいな(笑)

    まあ、そうゆう女子いますよね?

    ちょっと連絡が来ないと心配になったりしまい、ずっと彼氏のことを考えていたり。

    そんな調子なので、彼氏から見ると、次第に重くなっていく私の存在。(笑)

    面倒になってしまって、、、ある日、別れようと言われました。

    まあ、そんな訳で私は彼氏から別れを告げられてしまいました。

    その時はもうショックで、ショックで( ;∀;)

    なんか自暴自棄になっちゃって(笑)人生なんて、ちきしょ〜〜〜〜〜〜!!!!みたいな。

    でも一か月くらいしてから、奇跡的なことがあって。

    彼氏から電話が来て、、再び付き合うことになったのです。

     

    で、その時に私が思ったこと。

     

    どうやったら、私は彼氏に愛される女性になれるんだろうか?

    彼氏にとって、大事な女性になりたい。

    どうすればいいんだろうか?

    彼氏に大事にされるには、どうしたらいいんだろうか?

    もう、彼氏に「お前のような女は重たいわ。」って、二度と言われたくない。

    どうしたらいいんだろうか?

     

    その時に私の問いに答えをくれたのが、何と!!あの、織田信長でした。(笑)

    もう何で織田信長なのかは聞かないで、聞かないで。私もわかんないから。ほんとに。

    でも一つ理由があるとすれば、彼氏と織田信長は非常に似ている部分がある。ということと。

    地元が近い。ということですね、ええ。

     

    信長は思い悩んでいる私に、こう言ったのです(今でも覚えているわ)

     

     

    「彼氏から百歩引いたところを歩け」

     

    って言われて、私は一瞬「え?」って感じで。(-_-;)

     

    「百歩引いたところから歩けって、、。百歩って、、彼氏の姿が見えないけど?」

     

    と、私が聞くと、織田信長は「あはははは!」と笑って話を続けてくれた。

     

    「それくらいの間合いが丁度いいのだ、あの男は。

    あの男から愛されようと思ったら、近すぎてはだめだなのだ。

    例え姿は見えなくても、百歩下がってついていく。それくらいの覚悟が女には必要だ。

     

    あの男は仕事をしているのではない。

    仕事という戦場で命がけで戦っているのだ。

    戦いの真っ最中の男は勝つことしか頭にない。勝つことだけなのだ。

    私の時代で言えば大将だ。

    そのような男に愛されたと望むのであれば、どんなに寂しかろうが苦しかろうが、黙って待つより他にない。

    (お濃のようにな)

    あの男から大事にされたい。と望むのであれば、貴方が強くなるより、他にない。

    孤独を味方とし、寂しさに耐え忍べるだけの強さを己の中に見出すしかない。

    沈黙を美徳とし、自身の意思を強く持ち、愚痴や文句は一切言わず、笑顔でいる。

    そして、居心地のいい場所を提供する。

    そんな女がいたら、男は戦がひと段落したら、必ずやってくる、癒される為にな。

    そしてその場所を提供してくれる女を大事にする。

     

    これができれば貴方は最強の味方を手に入れることができる。

    貴方の中に人生の核ができるだろう。

    だが、孤独に耐えられず嫉妬に駆られてしまえば、貴方は最強の味方を失うことになる。

    貴方は支柱を失う。

     

    あの男は普通の男ではないのだ。天下取りの大将のような男だ。

    そうゆう男であることを承知して、まずは自分が強くなることが大事だ。

    強さとは傲慢さではない。強情でもない。強さとは、優しさだ。

    女に大将が求めるものは、その優しさなのだ、、」

     

     

    私は織田信長の言葉を今でも覚えている。

    それから私は一切の心配や嫉妬や文句を捨てた。

     

    彼氏は仕事をしているのではない。命をかけて戦場で戦っているのだ。

    命をかけて戦っている彼氏に、会いたいなんて自分の我儘は言えない。

     

    私が思うのはいつも同じ。

     

    何事もなく帰ってきますように。

    そして今日も、命があることに感謝。

     

    それだけになった。

     

     

    そして今、私は彼氏にとても愛され、そして大事にされています(*^▽^*)

     

     

    起こる出来事は既に決まっている

    2018.08.06 Monday

    0

      私がエルメスでスカーフを購入したのは2か月ほど前だった。

       

      鎧兜柄のスカーフです。

      140センチのカシミアとシルクのスカーフなのですが、なぜかとても気になって。

      私が、偶然にエルメスに行った時にそれを見つけて。

      一点だけ入荷してきたということでした。

      どうしても買いたくて、気になって仕方なくて。

      でも私の趣味ではないので迷ったのですが、青の色が鮮やかな鎧兜の柄のスカーフを買いました。

      なぜかもう一枚、同じ柄のものが欲しくて。

      色違いで何処かにないか探してもらうと、一点だけ他店にありました。

      ですので、その紫色の鎧兜のスカーフを取り寄せて貰いまして、それも購入しました。

      それが6月の始め頃です。

      しかし、暑いし、使わない。当然ですが(笑)

      それに私はピンクとか好きなので、たぶん自分では使わないだろうな。と思ってそのままクローゼットの中でした。

      しかしなぜ買ったのか?自分でもわかりません。

      きっと何かに必要なんだろうな。と、、、。

      宇宙の根源に任せているので、まあ、いいか。と。

       

      ところが今回、この鎧兜の柄のスカーフが重要なポイント、キーとなったのです。

      つまりは解決策です。

      しかも、一枚ではなく、二枚必要でした。

      同じ柄の鎧兜柄が二つ、必要だったのです。

      それが分かったとき、ああ、このために私は買ったのか。と、思わず全身が鳥肌ものでした。

      このスカーフを購入したとき、私はまだこのセッションの内容を知りませんでした。

      当然、予約も入っていませんでした。

      でも、この鎧兜柄のスカーフと巡り合ったのは偶然ではなく、必然であり、それを手に入れたのは運命でした。

       

      そうなのです。

      起こる出来事はもう既に決まっており、それに対しての対処方法として、この鎧兜のスカーフが必要だったのです。

      だから私は手に入れた。

      それが必要だったから。です。

       

      起こる出来事は既に決まっていて、だから貴方はそれを手に入れた。

       

      つまりは、世の中はそうゆことなのです。

       

       

       

      夢と現実の境は僅かです

      2018.08.06 Monday

      0

        夢の中で、私は必死に何かを探していた。

         

        まるで温泉宿?のような大きな広間があって、その中に一部屋だけある。

        まるで開かずの間のように封印されているその一室を開ける。

        中は蜘蛛の巣だらけ。

        埃と腐った野菜やカビが生えたような積み重なった布団がそこにはあった。

        半分腐ったような野菜を持った女性が、必死で何かを探している私に聞いてくる。

         

        「これ、いらないなら貰っていいかい?」

         

        そんな腐った野菜、どうするんだ?と思いながら、私は「いいですよ」と言った。

        すると大勢のおばさんが集まってきて、腐ったような野菜を我先にと持っていく。

        私は気にせず、埃だらけの物置のような部屋の中であるものを必死に探していた。

        古い箪笥がある。

        引き出しを引っ張って中を見ると、そこには着物が沢山入っている。

        でもかなり古そうだった。

         

        「私が探しているものはこれじゃないんだよね」

         

        と、独り言をいいながら、私は汚い部屋の中を探し回った。その時、何かが光った。

        箪笥の上に、埃を被った兜が二つ、あった。

        入れ物もなく、兜だけそのまま置かれていて、古くなって、しかも埃だらけです。

        それでも私は夢の中で、、、

         

        「これだ!!これ!!これを探していたのよ!!」

         

        私はそう言った瞬間、目を覚ました。

         

         

        これは今日のsessionと関係があるんだろうか?

        あるんだよね。だから見せられたんだから。

         

         

         

        男子が生まれたら端午の節句、兜の訳

        2018.08.05 Sunday

        0

          男子が生まれたらお祝いで鎧兜か鯉のぼり。

          地方によっても異なると思いますが、兜だけの所もあるし、鎧兜一式を購入する地域もある。

          なぜそれほど兜が大事なのか。

           

          私は今年、孫のソーに、兜を購入した。

          なぜなら熱を出して体調を悪くすることが多く、身代わりが必要だと思ったのです。

          しかもソーは、算命学的には忌神がいます。

          これは絶対に身代わりが必要だ。と思い至って、急遽、私から。ということで兜を買いました。

          すると不思議なもので、体調も良くなって熱を出しても直ぐに治るようになりました。

          これは兜の御蔭だな。と思いながら、鎧兜を販売していた店員さんの言葉を思い出していました。

           

          鎧兜を一式、購入する人もいますが、一番大事なのは、昔は首の部分だったんです。

          ですので、首を守る為に、兜は首を覆うように作られています。

          刀で切られないように作られている。

          昔の武士は首を取られたら終わりですから。

          だから兜の部分だけで十分なんです。災い除けですから。と、、。

           

          なるほど。と思いました。

          そして一番納得したのは、鎧兜は男子の災難、災い除け、または身代わりとなる。ということでした。

          ですのでお雛様のように仕舞わなくていいんだそうです。

          ずっと出しておくことによって、男子を守ってくれる代々受け継がれていく宝物。

          それが鎧兜なんだそうです。

          鎧や兜は代々受け継がれていくのもであり、だからこそ、男子が生まれたら鎧兜のある家には鯉のぼり。

          を、お祝いで贈ったのだそうです。

          まあ、地域によって異なるということでしたが、なるほどと思いました。

          古くなると新しく買い替え、それを飾る。

          それが一族繁栄を意味すると。

           

          これはとても大事なことですので是非覚えていて下さいね。

          お雛様はお嫁に行くのでお焚き上げとか出しますが、男子の場合は跡取りですのでお焚き上げはしません。

          もしお焚き上げをするのであれば、新しい兜を購入してから、、ですね。

          でないと、男子の首を守ってくれる兜がなくなる。ということになるのです。

           

           

          途中で意思を変えない。

          2018.08.05 Sunday

          0

            運命はどのようにでも転ぶ。

            自分の思う通りに生きている人もいれば、そうでない人もいる。

            なぜ自分はこんなに不運なんだろうか?と思う人もいる。

            そうゆう時期の人もいる。いわゆる算命学でいえば忌神がいる時ですね。

            私は算命学を見る時、天中殺よりも忌神に重点を置く。

            なぜなら私の人生を振り返ってみた時、忌神が強力な影響力を持っていたからだ。

            天中殺は、そうでもない。

            大運天中殺は別ですよ。

             

            私は今、不幸だと思っている人は、そうゆう時期の人もいる。まあ、忌神の時期。

            そうでない場合で多いのが、自分の意見を変えてしまう人。

            物事を成す前に、途中で自分の意思を変えてしまう人は、何が目的だったのかわからなくなる。

            成功するにしてもしなかったにしても、目的地に着かなければ、その先の目的地がわからなくなる。

            途中で諦めてしまったらそれで終わってしまう。

            そうなると壮絶な挫折感を味わうことになる。

            そして「こんなはずじゃなかった」となる。

            それが不幸の連鎖の始まりとなってしまう。

             

            ですので、目的を見つけたら、とりあえずそこまで行くことを目的とする。

            途中で誰かに何かを言われたとかで、自分の意見を変えてしまうと、一生後悔する。

            人は人。

            自分は自分。

            それは親であってもそうです。

            一個人であって、集合体にはなれない。

             

            親に自分を理解して欲しい。と思うのは分かる。

            私もずっとそうだったから。

            でもある時、まったく違う環境で生まれ育てきた親に「私」を理解して欲しい。と思っても無駄だ。と気付いた。

            例え子供であったとしても、親は親。子供は子供。

            同じ思考ではないのだから。

            親は親の人生があり、友人がいて環境も異なり、考え方もある。

            でもそれは自分、私の人生とは被らない。

            親は親。私は私。なら、別として見た方がいい。

            一線を引くことは非情ではありません。

            逆に、分かってもらおうなんて思うのは自分勝手な話です。

             

            分かってもらおうなんて、それはある意味、自分の勝手なエゴです。

             

             

             

            タロットカードのタワーは、ネガティブな意味だけとは限らない

            2018.08.03 Friday

            0

              何度も何度も、タワーが出れば、それはその意味自体がネガティブを示していると思います。

              私が以前体験したように、一週間くらいタワーカードのばかりが連続で出た時がありましたが。

              その後で、ある人が倒れてしまいました。

              そうゆう時は何度も訴えるようタワーが出ます。

               

              しかしそうでない場合があります。

              いわゆる「衝撃な目覚め」という意味です。

              これはタワーが持っている唯一のポジティブな意味となります。

              もう本当に衝撃的な目覚め!!って意味なので、一瞬、ネガティブに思えてしまうのでタワーなのだと思いますが。

              でもその衝撃的な目覚めはネガティブなことばかりではありません。

              勿論、ポジティブな意味もあるのです。

               

              私は昨日、あることでタロットカードを引きました。

              昨日は寅の日なので、買うなら今日かな?と思っていました。

              で、そのことを聞いてタロットを引くと、ばん!!って感じでタワーが出たんですね。

              ええ?タワー?どうゆうこと?

              今日じゃないの?日にちをずらせばいいのかな?と思ってタロットを引いても、イマイチピンとこない。

              あやふやなのですよね。

              で、これはもしかして?と思っていましたら、、やっぱり。

              その後、電話があって。

              こっちか〜〜〜〜〜!!と、思わず衝撃的な出来事でございます。

              わ〜〜〜い!!!やった〜〜〜〜〜〜〜!凄いわ〜〜〜〜〜〜〜!!衝撃的だわ!!

              タロットを引かないであのまま他のものを買っていたら、本当の目的を買うことはできませんでした。

              それを知らせていたんですね、タワーのカードは。

              まあ、タワーの気持ちとしては( ´艸`)ネガティブなカードを出して私の足を止めたんですね。

              これから衝撃的なことがあるから、ちょっと待ってね。ってことなんです。

              で、他の日にちを出してもあやふやで読めない。

              つまり、私が本当に欲しいものが手に入る予定なので、少し待ってね。という意味だったのです。

              だから何度もタワー!!

              つまりは、タワーも私の味方になってくれていて。

              私の行動をストップさせてくれていたのです。

              こんなに強力なカードが出てしまたら、外に出ようとは思いませんよね?

              で、結局、その後、私が目的地に向かったのは2時を過ぎていました。

              もっと早く行っていたら、私がずっと欲しかったものとは巡り合えなかったわけです。

              凄いでしょ?タワー(*´▽`*)

               

              で、電話を頂いて、改めて質問をすると、何と!!!star星です。°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

              きゃ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜(⋈◍>◡<◍)。✧♡

              来た来た〜〜〜〜〜✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌

              こうゆうことなんだ〜〜。

              凄いわ、タワー〜〜〜!!(*´▽`*)

              最近は悪魔を味方にした青龍ですが、タワーさえ味方にしてしまうという素晴らしさ。

              自画自賛!いいのよ、いいの。自画自賛、素晴らしいです。

               

              ああ、そうゆう意味でのタワーね。と、私はとても納得しました。

              結局、私は欲しいものを手に入れて、すっごくご機嫌な一日となりました(*^▽^*)

              タワーちゃん、ありがとうね。♥

               

               

               

               

              青龍桜子アメーバー・漫画ブログ

              2018.08.03 Friday

              0

                青龍桜子の漫画ブログです。

                今はもう更新していませんが、どうぞ宜しくです^^

                 

                777・888・999

                2018.08.01 Wednesday

                0

                  連続して見た数字。

                   

                  コンビニで買い物をしてレシートで777を見て。

                  その翌日に888を見て。

                  そして今日は999を見た。

                  これは一体どうゆうこだろうか?と思って(笑)

                  こんなことってあるんですね(*^▽^*)

                  何かが終わり、何かが始まる。か、、。

                  一体何が終わって、何が始まるのか。

                  あの台風から変化が始まっていると思っています。

                   

                  昨日、一昨日と、サロンを大掃除しました。

                  勿論、プロにお任せです。

                  エアコン3台と洗濯機を丸ごと、それだけで4人かかりで約4時間。

                  翌日は床の掃除をお願いしまして、4人かかりでやはり4時間近くかかりました。

                  でもすっごく綺麗になって、もうびっくり(@_@)!!

                  こんなに真っ白だったんだ、、ここの床( ´艸`)(笑)

                  エアコンも凄い効くようになって、涼しいです〜^^

                   

                  さあ、準備はできたぞ。

                  新しい世界へ行こうか。

                   

                   

                  メイドインジャパン!の時代がやってくる!

                  2018.08.01 Wednesday

                  0

                    メイドインジャパンの時代がやってくるよ。

                    安いをよしととして、それにお金を払う時代は終わり、本当にいいものにだけお金を払う時代が来る。

                    しかも、どんなに高額でも必ずそれを求める人はいて、それがメイドインジャパン!なんだ。

                    必ずそうゆう時代は来るから。

                    だから日本は自分たちの技術に自信を持って頑張って欲しい。

                     

                    このような内容の記事を書いたのは4〜5年前かな?

                    もっと前だったかな?

                    化粧品の資生堂が日本に工場を移し、メイドインジャパンを作る計画を進めている。

                    つまり、水一滴から日本製に拘るということです。そして大事なことが日本人の手で作るということです。

                    その為、日本に大規模な工場を作っている。

                    そして先日見たニュースには、カメラのキャノンですが。

                    一部、記事を抜粋しています。

                    キヤノンは8日、完全子会社の宮崎キヤノン(宮崎県木城町)

                    と共同で同県高鍋町にデジタルカメラの製造工場を新設すると発表した。

                    生産機能の国内回帰と九州での生産強化が狙いで投資額は約230億円で2019年8月の操業を目指す。

                    宮崎キヤノンの現工場から移る全従業員約1000人を含め、従業員は将来的に1500人規模になる見込み。

                    同社が国内でカメラ工場を建設するのは10年の長崎工場以来。

                    というニュースを見て、ほらね。と思った。

                     

                     

                    海外に行っていた日本の大手の会社はメイドインジャパンを作るために日本に返ってきますよ。

                    完璧にいいものを作るには、部品の全てをメイドインジャパンにする必要がある。と分かっているからです。

                    そして、日本は環境がいいです。

                    まずは水がいい。これが決定的な違いです。

                    化粧品もそうですが、デジタルカメラもそうですが、いい水が必要です。

                    それに何よりもメイドインジャパンの強みは、日本人が一から作る。ということだと思うのです。

                    手先が器用だと世界中に知られている日本人の強さを、日本人が自らやっと認識したのかな?と思います。

                     

                     

                    日本はバブルです。

                    先日も私は書きましたが、今、景気がいいんです。

                    そして、もっともっと多くの会社が日本に戻ってくると思っていますわ。