タロットセミナーの感想アップ!

2018.02.09 Friday

0

     

    桜子先生✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌

     

    大変お世話になっております。

    昨日はタロットセミナーをありがとうございました✨

     

    タロットは初めてでしたが、チャネリングも出来ず霊感もない私でも、

    目に見えない世界からのメッセージを受けて実生活に役立てるようになりたいと思い受講しました。

     

    1回目の感想は・・

    一言で言うと、スピリチュアルタロットは感動❣️楽しい💕です!(二言になりました😅)

     

    カードからストーリーを読み解く力は、先生はすごいですね🌟

    一生懸命メモとりましたが・・・・。

    当面は、そのメモを見ながら練習して、私も力をつけていきたいです!

    単なる占いというより、

    より良い未来を自分でつくっていくためのツールに必ず出来る!👍、という想いを強くもちました。

     

    ヒーリングを学んだからこそのタロットの活かし方も教えていただきましたし。

    未来を変えれるなんて〜スゴイ・・・😍

    スピリチュアルタロットってそういう事なのですね(感動…✨)

     

    それにしても昨日は、沢山タロットに質問しましたが、

    かなりの質問について、すごく良いカードが出て・・・嬉しい限りです😆

    自分てやっぱり、幸せなのかも〜、いやいや、幸せなんだ〜と、カード見ながら深く感じましたです、ハイ。

    ただ、若干気になる事もありましたので、それについては現実的な取り組みをしながら、

    さらにヒーリングで対処が必要だな、ということもわかりました。

    わかったことによって、対処ができるので、いろいろタロットカードに聞けて良かったです😊

     

    今回も、素晴らしいセミナーの機会をいただきまして、心より感謝申し上げます🙇🏻

    次回もどうぞよろしくお願いいたします。

     

     

    ざわざわする(追記)

    2018.02.08 Thursday

    0

      あ〜〜何となくわかった。

      過去の記事にあってその辺りの記事を読んでみた。

      過去に二回あって。

      一度は2016年4月27日。もう一回は2017年10月2日。

      この後は色んなことがありました。

      あ〜わかった。

      人の人生の死と再生の意味だね。

      そうか〜〜。

      意味が深いな〜〜〜う〜ん、、、。

       

       

       

      〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

       

       

      ざわざわする。

      何かあるな〜〜。と思う。

      何があるのかわからないけど、なんかざわざわするんだよね〜〜(-_-;)

      何だろう?

      誰も教えてくれない( ;∀;)

      私、以前にもこうゆうの、経験しているんだけど。

      それがいつで、その後に何があったのか覚えてない(-_-;)

      確か前にもこうゆう感じ、あったよね〜〜。

      いつだったかな〜〜う〜ん、、、。

      地震?じゃないよな〜〜。

      何だっけ〜〜?

      笠間稲荷神社に行ってきました(*^▽^*)

      2018.02.07 Wednesday

      0

        今日は初午。

        私は一人でウイークリーマンションを借りて一人で独学で勉強していたあの頃より。

        いや、もっとずっと前ですね(笑)

        お世話になっている笠間稲荷神社に娘と一緒に参拝に行ってきました(*^▽^*)

        とてもご縁の深いお稲荷様です。

         

        流石は初午の日ですね。

        とても大勢の人で賑やかで、私は甘酒を頂戴して体がホカホカ(笑)

        まずは参拝して、初午の今日しか売っていない「一願成就」のお守りを購入してきました!!!

        昨年はですね、このお守りに書いた願いが見事に叶いました!!!(((o(*゚▽゚*)o)))

         

        願いを一つだけ書いてお守りの中に入れておくのです。

        そしてそのお守りを一年間ずっと大事に持っているのですが(バックに入れたり、キーホルダーに付けたり)

        それが驚いたことにですね!!いつの間にか願いが叶っているのです。

        私は今日の初午の日が来るまで、願いが叶っていることに気付きませんでした。

        私が書いた願いが叶っていたのです。✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌

         

        たった一つだけの願い。

         

        貴方は何を願いますか?

         

         

         

        今日は初午の日!

        2018.02.07 Wednesday

        0

          2018年2月7日・初午(はつうま)の日です。

           

          今日は初午です。

          一年に一度しか巡って来ないとても御目出度い日です。

          もしお時間がありましたら、お稲荷さんのある神社に参拝されてくださいね。

          初午についてはネットで調べてくださいね。

           

          私は昨年、初午にお参りに行って、その時にしか貰えないお守りを購入してきました。

          そこから一気に、仕事が忙しくなってきたのを覚えています。

          仕事運アップ!金運アップ!恋愛運アップ!!でございます。

          ぜひ初午の参拝をしてね(*^▽^*)

           

          凄いパワーのある、エネルギーの強い朝日が昇っています〜〜〜(*^▽^*)

           

           

          今、無のヒーリングが必要な訳

          2018.02.06 Tuesday

          0

            今、無のヒーリングが必要な訳。

            それは、時代の流れですな〜〜( ̄ー ̄)ニヤリ

            な〜〜んてね大笑い

             

            本来誰でも持っている「自分で自分を癒す能力」を人は忙しさの余り、忘れてしまっているから。です。

            ネガティブと呼ばれる現実の積み重ねと、変化のスピードが余りに早いので、

            すっかりバランスが崩れてしまって頭の中の整理が追いつかない。

            自分自身が分からなくなっている。

            食事はゆっくり食べましょう。と言われて育った人も、今はそんなこと言ってられない時代になっています。

            PCを打ちながら食事をしている人も多いと思います。

            勿論ゆっくりと食事をしている人も最近は増えましたが、ちょっと前までは食事の時間すら仕事をしていました。

            その時の負担が、今、現れているのです。

            つまりそれだけ肉体的にも精神的にも目に見えないところで負担をかけてしまっているのです。

            または家族と呼ばれる人たちのエネルギーに影響されている人もいます。

            夫や恋人、友人にバランスを崩されてしまっている人もいます。

            ひと昔前でしたら自分で傷付いた部分を癒していましたが、今はそれをやっている暇がないんですね。

            振り回されて自分の幸せが何なのか?わからなくなっている。

             

             

            先のブログでも書きました。

            人には本来、自己治癒力があります。

            でも余りに自分の状態が悪い人(例えば亭主がDVだとか、借金しまくるとか、アル中とか様々ね)

            自分を取り巻く環境が悪い人。

            そうゆう方には私は無のヒーリングをお勧めします。

             

            ここまでバランスを崩してしまうと、普通のヒーリングでは足りないからです。

            まずは、今までのネガティブと呼ばれる要素のエネルギーを全部、無にする。(過去生も含めてね)

            それから無のヒーリングで無くなったところに、有のヒーリングで「自分が欲しい環境や状況」を補充する。

            楽しい、嬉しい、幸せな感覚で満たしていく。

             

            これで初期化する訳です、早く言えばね。

            そしてアップグレードも同時にするので、最新のスーパーコンピューターになるわけです。

            となると、自分でウイルスを探して除去しますよね?

            これはいらない!!って排除する。

            そして欲しい情報だけを入れていく。

            これができるようになるのが無のヒーリングなんです。

             

            分かりやすくかいたんだけど、分かってくれたかな〜?(笑)( ̄ー ̄)ニヤリ

             

             

            人は本来、自由気まま

            2018.02.06 Tuesday

            0

              人は本来、自由気まま。

              ポジティブが良くてネガティブが悪い。ということはありません。

              何度も言っていますが。

               

              人の人たる良さとは、様々な感情や環境の中で喜怒哀楽などを感じたり、思考したり空想するところだと思うのです。

              お姫様になったり。

              大富豪になったり。(笑)

              またはすんごい不幸な人になったり(笑)

              あんな風になりたいな。って思ったり。

              逆に、人付き合いの中で「あの人、絶対に嫌いだわ」って思う人も出てきて当たり前です。

              生きてるんだもん、人は感情の生き物だし、自分とは違うからね。

              そうゆう感情は当たり前なんです。

              だって、憎しみも経験する世界にいるからね、しょうがないんだよね〜〜うん。

              でもその感情や思考や経験は、いい悪い、どちらでもないんです。

              ただ私たちはこの世界で様々なことを経験している。というだけなんです。

               

               

              小説を書く時、様々なことを考えたり空想したり妄想をします。

              頭の中に物語があって、それを文章にしていきますが、その物語の中では気の合わない人や悪者もいます、当然(笑)

              こんな意地悪な人いるの?ってくらい、悪者を登場させます。

              でもその悪者を考えるのもその人で、ヒーローを考えるのもその人の頭の中でやっています。

              つまり、天使と悪魔が共存しているのが人の頭の中なんですね。

              その中で上手にバランスを取って生きている。

              大嫌い!!と思う気持ちが、実は生きる力になっていたりするんですね(笑)

               

              だからネガティブな思考を無くそうとしても不自然なので、無理なんですね。

              人の頭の中には、ネガティブと呼ばれるエネルギーがあって、ポジティブと呼ばれるエネルギーがあるから。

              ポジティブだけでは人はバランスを崩します。

              二つがあって、バランスを保っているんです。

              そして例え辛い経験をしても、自分でバランスが取れて時間はかかっても、元の均衡の撮れた状態に戻るんです。

              それは大地や自然・空気や水や火が力を貸してくれたり。

              家族の愛がそうさせたり、色々です。

              今は自然と触れ合うことも少なく、頭だけを使うITの急激な進歩によって、自分でバランスを取り戻す機能が

              上手に働いていないんです。

              どんどん変わっていく環境に、人がついていけなくなっています。

              それが鬱とか変わった病名の人が多くなっている一つの原因だと私は思っています。

               

              人が本来持っている自己治癒力能力が非常に弱くなっています。

              だから。ヒーリングなんだと思うのです。

              ヒーリングは単純にこの時代に現れたわけではありません。

              こうゆう未来を想定して人のバランスを取り戻す為の用意されていたものだと私は思っています。

               

               

              今、ネガティブをポジティブに転換しよう!

              ポジティブな思考が幸せを呼ぶ!という様々なセミナーや自己啓発などがありますが

              それが逆に自分の嫌な分部を見つけてしまってもっと落ち込んでしまって、、、

              でもそこからどうやってはい出るのか方法を知らないから更に自分を嫌いになって。

              もっともっと自分を嫌いになってしまう、という方がとても多いと思うのです。

               

               

              不幸というものがあって。

              その一番の原因は、ネガティブなことを考えてしまうことではなく、自分が嫌いだ。と思ってしまうことです。

              そう、自分が嫌いだと思って、もっと嫌いな分部を見つけていく。

              それが「不幸」と呼ばれる現象の始まりなのです。

              こうなると、いつまでたってもそのループからは抜けれません。

              バランスを崩してしまった精神と肉体。

              人を憎んでも、それによって自分の中で自然と陰陽のバランスを取っているのでまた戻に戻るんです、普通はね。

              でもバランスが崩れているので戻らない。

              人は本来、自由気ままであって、自然体なのに、その回転は止まってしまう。自己治癒力が働かない。

              そうなると、もっと自分がどんどん嫌いになっていく。

              これが「自分が望んでいる現実と違う現実がやってきてしまう」原因です。

              つまり、望んでいない現実が現実になるのです。

              それは無理をする。我慢する。感情を抑え込む。何処かで放出する必要のある、人にとって一番大事な感情を

              ずっと抑え込んでいたら人はそりゃあ、鬱にもなります。

              肉体的にも体調が悪くなります。

              でもこれは、宇宙の根源のヒーリングで改善できますので、ご安心を(*^▽^*)

               

               

              人の本来の性質っていうか、良さっていうか。

              私はずるがしこい所とか、狡猾さや、または天真爛漫なところとか、思慮深さだと思うのです。

              でもいい人じゃなきゃいけない。みたいな常識?が広がって。

              人はみんな、仮面を被って生きてる。

              そうしないと生きていけない世界になってしまったんでしょうね。

              でもそれは私は人は察知してて。

              もっと未来の人類が察知してて、それでヒーリングってものを与えてくれたんだと思うんですね。

              (ヒーリングって、100年後には医療ポジションにしたりして)(笑)

               

               

              いい人悪い人ではなく、もっと自分の本性を出して生きていいと思うんだよね。

              例えば、会社の上司で気に入らない人がいたとして。

              その人に対して心の中で「何処かに行ってしまえ!」と思うことは、決して罪ではないです。

              だって考えるのは自由だから。

              逆に人間らしいなと思うのです。

              人間って、そうゆう生き物でしょう?

              嬉しい、楽しい、悲しい、苦しい、切ないなどなど。

              色んな感情を体験する世界がこの世界なのだから、憎たらしい上司がいたら妄想の中で悪態をついていればいい。

              この「生きている感情」を自分の中で我慢してしまうと、自分が壊れちゃう。

              どこかで噴火させないと。

              最近、鬱の方のご相談が多いのは自分を誤魔化している、または抑え込んでいる。罪の意識を感じている。

              という理由からだと思うのです。

              顔では笑って、頭の中では上司をぶん殴ってていいんですよ。

              あははは〜〜〜〜〜ってね(笑)

              心や思考を無理にポジティブに持っていこうとするからバランスが崩れちゃう。

               

               

              一日の中で10分だけ妄想の時間を作って。

              自分の好きな妄想をする。

              私の場合、彼氏と温泉行きたいわ〜とか(⋈◍>◡<◍)。✧♡

              温泉に行ったら一緒に露天風呂入りたいわ〜とか( ̄ー ̄)ニヤリほほほ。

              これだけでも気分転換になるし、楽しい( ̄ー ̄)ニヤリ

              変な人だわ、私!!

               

              人はもっと空想の時間を作ることが必要だと思いますわ。

               

               

              先日の皆既月食の意味

              2018.02.06 Tuesday

              0

                最近色んな夢を見てて。

                それを書く暇がないくらい夢が多く。

                これは何だろう?って自分の中で飲み込むまでに時間がかかりましたが。

                今日、不意に分かりました。

                 

                先日の皆既月食とかかわりがあります。

                日本全国で見られた月食。

                これには深い意味がございました。

                 

                月はタロットカードでは優柔不断という意味があります。

                ストレスや精神的な不安定・行き詰まり、幻想・先の見通しが立たない・双方の不誠実さ・トラブル・欺き・策略など。

                まだありますが、大体はそうゆう意味なんですね。

                その月が隠れていく。

                そして隠れた後には真っ赤な月が見える。

                スピリチュアル的には月は新月や満月など、浄化やヒーリングパワーが強いとされています。

                スピリチュアル系の人には月はポジティブな意味があり、月は味方ですが、

                普通の人には不安定という意味合いがあるのです。

                面白いでしょ?

                 

                 

                日本全国から見られた今回の皆既月食。

                それは一般の人からすると、月の意味でもあります、今までの不安定さや不誠実さがあった状態。

                からの脱出。という意味があります。

                日本全国の人や企業にも同じことが言えます。

                人同士、または企業同士、国同士のいざこざがあった場合でも、徐々にそれらの問題は解決に向かうのだと思います。

                ただし、狡猾さや要領の良さを人は更に求められるていきます。

                それが上手にできる人間・政治家・起業家が今後、成功を収めていく。ということだと思います。

                赤い月はより強力なリーダーシップを求めています。

                気丈な人でないと赤い月のパワーに押されてしまいます。

                これは、日本人は、今こそ一人一人が自分を信じて心を強く持たなければならない。という予言でもあります。

                優柔不断な態度や不誠実さ・不安定さは一切通じません。

                それよりも狡猾さや相手を見る洞察力、直感力、要領の良さで対応していくことが求められるのです。

                受け身ではなく、攻める時期がきたのだと思います。

                 

                また、これから先の未来は実は人と人のコミュニケーション能力が成功の秘訣になっていくので、

                自分をまずしっかりと持つことが大事になっていきます。

                 

                 

                 

                逆に、スピリチュアル系の方にはどんどんと覆い隠されていく月の如く、淘汰されていくのかも知れません。

                淘汰されるの意味

                水で洗ってより分けること。転じて、不必要なもの、不適当なものを除き去ること。

                「不良企業は淘汰される」

                 

                 

                 

                素直な気持ち

                2018.02.05 Monday

                0

                  私の話をちょっと書きます。

                   

                  私は離婚をした時、慰謝料や養育費を一切貰わなかった。

                  その代わり、父親と娘が会うことを辞めてもらった。

                  それは、会っている時は楽しいかも知れない。でも別れ際、娘が必ず泣くだろうと思ったからです。

                  パパが大好きな娘だったので。

                  私はそれが耐えられませんでした。

                  泣いている娘を見ると、自分が悪いことをした感覚になる。悪いことではないのですが、でもそう思うだろう。

                  それが予測できたので、自覚が持てるようになるまでは父親とは会わせない。

                  その分、私が全ての責任を持って娘を育てる。

                  お金や愛情に不自由は絶対にさせない。

                  そんな覚悟を持って離婚をしました。

                  ああ、そうそう。離婚するまで私は7年悩みました。

                  ずっとセックスレスで大笑い。

                  でも、それでも娘の前では仲の良い夫婦を演じていましたが、ある時、これは延々には続かない。と気付きました。

                  それに自分に嘘をつくことに疲れてしまって、、。

                  で、離婚しましたが、この決断は正しかったと思っています。

                   

                  私はその頃作家でしたので、お金には困りませんでした。

                  愛情もおじいちゃんとおばあちゃんに可愛がられていたので、娘は愛情もお金も天から降ってくる。

                  くらいに思っていたようです(笑)でもそれが私の望みでした。

                   

                  高校になる前に、娘が言いました。

                  パパに会いたいと。離婚してから初めて言いました。

                  この先、後悔しないように会っておきたいと。

                  まだ連絡も取れていたので、娘を父親に会わせることにしました。

                  最初はとても恥ずかしそうにしていましたが、それでも会えたことに十分満足したのでしょうか。

                  娘はパパとさよらなしてから、もうこれでいいわ、会わなくても。と言いました。

                  「納得できたから」って、そういったんです。自分の中で納得できたからもういい。って。

                  何かを納得するためにパパに会っておきたかったんでしょうね。私にはわかりませんでしたが。

                  それから父親との連絡も途絶え(父親が再婚したので)娘も父親と会いたいとは二度と言いませんでした。

                   

                  ただ、数年前でしょうか。

                  私が更年期で体調を崩し、母の看病をしていたときは、パパがいてくれたら。と何度も娘は言いましたね。

                  自分だけではなく、誰か支えてくれる人がいてくれたら。という思いだったと思います。

                  パパがいてくれたら相談できたのに。って。

                  でも実際には父親は再婚して新しい家庭を持っていたので、そんなことができないのは分かっています。

                  でも弱音を吐いたんでしょうね。

                  今までは私が家族を支えてきましたが、自分の余りの体調の悪さと母の看病の様子を見ていた娘は

                  お母さんを助けてくれる人が欲しい。と何度も言っていました。

                  そして「パパがいてくれたら」と、数回言いましたね。

                   

                  でもそれから私が何とか復活して、母の介護もひと段落して。

                  東京に出てきてからは言わなくなったのですが、私が会社を畳むかどうしようか悩んでいる時。

                  娘はまた言いましたね、パパがいてくれたら相談できるのに。って。

                   

                  要するに、娘からしたらパパという存在は、スーパーマンのようで。ウルトラマンのようで。

                  困ったときにいつでも現れて、私たちを助けてくれる頼もしい存在。なのです。

                  だからよく、私の彼氏が自分の子供にしてあげていることを話すと、羨んでいました。

                  「いいな〜そうゆうパパがいて。もうそうゆうパパがいてくれるっていうだけで、幸せだよね、その子供は」

                  って、言っていました。

                   

                  無いものねだりでしょうか。

                  いや、本心なんだと思います。

                  子供のことを全力で守るパパがいる。

                  何でも相談に乗ってくれるパパがいる。

                  その事実が今になって羨ましいと思うのでしょう。

                  困難なんて今までは経験したことがなかったので(幸せしか経験がなかったので)そう思う機会もありませんでした。

                  でも結婚して出産して、様々な経験をして、思う通りに行かないことも経験して。

                  その中で自分が本当に困った時、どうしようもないとき、祖母の介護で母である私が体調を崩していたとき。

                  パパがいてくれたら。と思ったんだと思います。

                  今までは母である私が守ってきたのですが、それが力尽きてしまった時、誰か助けて!と思ったんでしょうね。

                   

                   

                  これはごく自然な気持ちで、当たり前の感情だと思うのです。

                  というか、この感情が育ってくれてよかったと思いました。

                  羨むことや、誰かに助けを求めることは決して恥ではありません。

                  自分でどうしていいのかわからない時。

                  もう限界だと思った時、助けてください。と思うのはごく自然な素直な気持ちです。

                  世の中を斜めに見るのではなく、自分の人生に悲観するのではなく、世の中に反抗するのではなく、

                  ただ素直にそう思う。

                  その助けて欲しいと思う素直な心が、

                  今の幸せで恵まれた環境や状況・現実を持ってくることに繋がっているのではないだろうか?

                  と、思うのです。

                   

                   

                   

                   

                  今の家族を大事にする(追記)

                  2018.02.05 Monday

                  0

                    今の家族を大事にする。

                    今の自分を大事にする。

                    それが幸せってことだと思うんだよね。

                    それが生きるってことだと思うんだよね。最終的に。

                     

                    欲しい現実は断固たる決意があれば必ず手に入るから。

                    本当に欲しいのであれば必ず手に入る。

                    でも、過去の栄光を追っている人がいるけれど、それは何もならない。

                    過去の悲しみや恨みを追っても、何も手に入らない。

                    時間が停止するだけ。

                    時間を逆行するだけです。

                    時が進むように、今を生きる。

                    今、この瞬間を大事にする。

                    今の中にある幸せに感謝する。

                    それが幸せになる第一条件なんです。

                     

                     

                    私も30歳ころから、実の父親と生き別れですが、探そうと思ったことはありません。

                    私自身も家庭があったし、大変な時期でしたし、それから暫くして父が再婚をしたという話を聞いています。

                    でもその後は生きているのか、亡くなっているのかわかりません。

                    情報もシャットアウトしていましたので。

                    恐らくもう亡くなっていると思います。

                    冷たいようですが、これが私の愛情でした。

                    私は幸せになりますので、貴方も幸せになってね。と、心の中で思っていました。

                     

                    そうそう。

                    一度、夜中にエネルギー体が私に会いに来たことがったので、あれが最後のお別れだったと思っています。

                    その時はお互いにそれぞれの生活があって。

                    目の前の現実だけで精一杯でした。

                    働いて生活費を稼ぐ。娘を育てる。それだけで命一杯です。

                    頼りたいと思った時もありましたが、頼れる状況ではないことは知っていたので、ならば会わない方がいいです。

                    頼られても困るから。

                    私、冷たいですかね?でも父親の情云々よりも、生きることに精いっぱいでした、本当に。

                    会いたいと思った時もありましたが、探したところで、私に面倒を見る余裕なんてありません。

                    私も頼りたくなかったんですよね。

                    何でだろう、父親に頼りたくなかったんです。

                    一度頼ってしまうと、ああ、頼っていいんだって思ってしまって。

                    人生の中で度々甘えてしまいそうで、、。

                    それが自分の中に築いてきた「厳しい自分」が崩れてしまいそうで怖かったのかも知れません。

                     

                    だから探さなかったんだと思います。

                    知らない方がいい場合もあるってことです。

                    色んな場合もありますが。

                    私は母親一人の面倒を見るだけで十分大変な思いをしましたので、これ以上は自分の世界に面倒を持ち込みたくない。

                    というのが正直な気持ちでしたね。

                    当然ですが、関わりを広げてしまうと、面倒も同時に転がり込みます。

                    (一度、父親に会った時に付き合っているという女性にお金を貸して欲しいと言われて(@_@)した。

                    まだ一回しか会っていないのに、、。この時に私は離れようと思いました)

                    この時の選択は間違っていなかった。と今でも思っています。

                     

                    今は仕事に集中したいし、自分を大事にしたいので、

                    できるだけ余計なこと、どうでもいいことには顔を突っ込まないようにしています。

                    それが自分を守る。強いては自分にとって大事な人たちを守る。ということだと思っています。

                    新たに友達を作るつもりもないです。そこに使うエネルギーが勿体ないんです。

                    中学の友人で十分です。

                    友人というカテゴリーで悩みたくないですし、そこで余計なエネルギーを使いたくないんですね。

                    とにかく、私は自分のエネルギーを温存していないと、

                    急な危篤なクライアント様がいらしたときに十分なセッションができないんです。

                    自殺未遂の方とか、肉体的に危篤状態の方もいらっしゃるので。

                    それを経験上知っているので、エネルギーは温存する。

                    余計なことはしない。

                    余計なことは言わない。

                    余計なことは聞かない。

                    それができないなら離れる。

                    それは自分を守るために必要なことです。

                    人付き合いでのエネルギーの消費を極力控えるようにしています。

                     

                     

                    当然ですが(笑)親戚付き合うもありません。あははは〜〜〜〜〜〜!!

                    義理の妹と弟くらいかな〜。

                    母のことを事前に話したのも。

                    母の兄弟には何も言いませんでした。話す必要ないし。

                    母が老人ホームに入ったので、親戚のお付き合いも完全にもうないですね。

                    楽でいいわ〜〜〜〜✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌

                     

                    母が亡くなっても、母の兄弟には知らせないでおこうと思っています。

                    だって、みんなもう自分のことで精一杯の病人ばかりなので、お別れに来れないと思うのです。

                    葬式の時に知らせる。でいいよね?って、娘とも話しています。

                     

                     

                    私を愛してくれる人。

                    私に優しさを持ってくれる人。

                    大事に思ってくれる人。

                    私が愛する人。

                    私が大事にしたいと思える人。

                    優しくしたいと思える人。

                     

                     

                    それが私の大事な家族でございます(⋈◍>◡<◍)。✧♡