一富士・二鷹・三茄子

2013.11.09 Saturday

0
    青龍桜子のスピリチュアルワールド(夢占い)




    今朝の夢 毛虫に全身をたかられている夢を見た。
    気持ちわる〜〜〜〜い。
    しかも噛まれた!!

    夢占いでは体調に注意とか嫉妬とか恨まれているとか、、、エトセトラ。
    いいことは書いてないわな。
    心当たりがありすぎでわからない(笑) なるほど。
    で、気を取り直してもう一度寝た。 時間も早かったしね。
    そしたらですね。 私の体についていつ毛虫を、蚕さんが食べてくれた。
    でっかい蚕が何匹も来て、私の体についている毛虫をむしゃむしゃと 食べている。
    蚕って毛虫を食べたっけ?
    それに噛まれた傷も修復してくれた。
    口から糸を出して毛虫に刺された傷を治してくれている。
    凄い。ありがとう。
    まるで風の谷のナウシカの最後の場面のようだ、、、 と思いながら
    蚕さんたちに感謝していると 今度は銀色に光輝くでっかい柄杓が現れた。

    銀色っていうのが面白い。でっかいしね。
    何だろう? って思っていると、今度は誰かと話をしている場面になった。
    私は紙に包まれている丸いボールのようなものを両手で 持っていた。
    するとそのボールがどんどん大きくなっていく。
    包んでいた紙を破り、ついには中から何かが飛び出てきた。
    よく見ると、それは立派な鷹だった。
    大きくて立派な鷹が私の両手の中に居た。
    鷹? 凄い、鷹だ。 しかもでっかい。 綺麗だな〜〜。
    って見ていると、鷹を飼い慣らしている人の右腕みたいな
    (鷹が止まって いる)感じで鷹が右腕に留まった。

    この鷹はずっと私の右腕にいるらしい。
    鷹を眺めていると、何だか心が晴れ晴れとした。

    そしたらこんなことを言われた。
    貴方にはこれから大金が入ります。
    その大金をどのように使うか、考えておきなさい。

    大金? 大金ってどのくらい?
    貴方がしたいことを全部叶えられるほどの大金です。
    と言われた、、、、。 本当か〜〜〜?!

    いや、いやいや、、、。 私の思い違いか?
    マジで? やった〜〜〜〜〜!!

    信じるの? この際だ、信じるぞ!!!

    ああ、そうそう、書いてて気づいた。
    紙って神って読むよね。
    包んであった紙を破って中から鷹が出てきたってことは
    神から鷹が出てきたってことだよね。

    面白い。 しゃれ? しゃれだね、これは(笑)

    ブルーローズヒーリングの感想

    2013.11.09 Saturday

    0
      青龍桜子のスピリチュアルワールド・動画を無料公開中!!



      娘が結婚する前。
      私と娘は一緒にセッションをしていた。
      その時に巡り会ったものがブルーローズヒーリングだ。
      その人の願いを叶えるヒーリングで、
      サントリーのブルーローズ というバラの花がヒントで
      偶然見つけたヒーリングエネルギーでした。
      セッションの時に、ブルーローズを必ず用意する。
      私たちのブルーローズヒーリングセッションを受けた人は 10人はいないと思う。
      なぜやめたか? 割が合わないからです。
      願いは叶うけれど、それに似合う対価がとても高額になってしまうので
      それでは無理だと判断したためです。
      その料金を理解してくれるクライアントさんに巡り会ってないのか
      それともあの時の私たちの「有名人になりたい!」って欲望がゼロだったのが いけないのか
      とにかく料金的に折り合いがつかないので
      セッション自体を辞めてしまいました。

      その後、ブルーローズヒーリングを受けた方はそれぞれに自分の 願いを叶えてきましたが、
      願いが大きいほど時間がかかるという こともありまして、
      その後の経過を聞いていない方もいました。
      すると不思議なことに不意に、
      ブルーローズヒーリングを受けた方 からメールを頂きました。

      引っ越してから家を購入し、一緒に田畑も購入したと。
      奇跡です。これもブルーローズヒーリングのおかげです。
      そして子供もできました!!
      と書いてありました。 私はこのメールを頂いてとても嬉しかったです。
      なぜって? それはね。 夢や希望が突然に叶っても、
      それが私たちのブルーローズヒーリングセッションのおかげだ。
      と思ってくれる人がとても少ないからです。
      ほとんどの人は忘れてしまいます。
      だからブルーローズヒーリングのおかげです
      って言えるこの クライアントさんは凄い人だ!と思いました。
      心がある人だな〜って思った。

      人は忘れるんですよ、自分の夢が叶うと。
      なぜそうなったのか?を忘れてしまうんです。
      それが嫌で、私は何度も清流櫻子を辞めたことがあります。
      ヒーリングを引退したこともあります。
      夢や希望が叶っていくと、その人は勘違いをしてしまって なぜそうなったのか?
      を忘れてしまうから、私はそれがとても嫌でした。

      だからセッションを何度も辞めてしまっている。
      でも今日頂いたメールで、私はとても希望をもらいました。
      ああ、こうしてブルーローズヒーリングのおかげです。
      って言ってくれるクライアントさんがいるんだ。
      嬉しいなって、素直に思いました。

      たった一言で報われることってあるんですね。
      何だか先日のホテル西洋銀座のホテルの方の気持ちが
      分かったような気がしました。
      「お前ら、良く頑張ったな、偉いよ!!」
      その一言で報われたって言ってましたから。 やってて良かった!
      って本当に思えたって言ってましたから。
      全ての人に認められなくてもいい。
      多くの人にわかってもらえなくてもいい。
      たった一人に言われたことが、
      今までの苦労を一瞬で忘れさせてくれることがある。
      そのことを今日、知りました。

      ホテル西洋銀座で見たものは

      2013.11.09 Saturday

      0
        5月31日22時。

        最後の西洋銀座で今までありがとうございます。
        と別れの挨拶をしてきました。
        29日から宿泊ができたので本当に良かった。
        気付けば、私の対面セッションの場所はサロンを辞めてから
        銀座のホテル西洋銀座へと移っていました。
        本当にお世話になりました。
        時には傷つき、時には憤慨していた私をいつでも
        優しく迎えて くれたのがホテル西洋銀座、
        そしてそのスタッフのみなさんでした。

        気付けばいつの間にか、ホテルのスタッフの方のほとんどが
        私を覚えていてくれて、どこにいても声を掛けてくれました。
        私の別荘のような西洋銀座がなくなってしまう。
        私はとても悲しくて寂しくて、そして時の流れというよりも
        変化を 感じずにはいられませんでした。

        私が部屋の中のベットで休んでいると、ホテルが話しかけてきました。
        これだけスタッフやお客さんに大事にされると
        建物にも心が宿るのだと初めて知りました。

        貴方が傷ついてしまったとき 悲しかったとき
        辛かったとき 嬉しかったとき
        様々な時に貴方を支えることができて本当に良かった。
        私は幸せです。

        そんなメッセージでした。
        同時に、このホテルで働いている方の感情・心とシンクロしてしまって
        涙が止まらなくなってしまいました。
        切なさと堪えきれない悲しさと、そして不条理と、、感謝。
        様々な感情が伝わってきます。

        愛していたんだな〜〜。 愛されていたんだな〜〜〜。

        最後の最後にこうして立ち会えたことも何かの縁なのでしょう。
        娘を身ごもった時にこのホテルはオープンしました。
        それが重なったせいでしょうか。 切なくて寂しくて仕方ありませんでした。

        31日はチェックアウトが22時でした。
        私は22時のちょっと前までホテルで過ごしました。
        レストランは満員で、列ができていました。
        このホテルで結婚式を挙げたという方や年配の方も大勢フロントに いました。
        ホテルの方、お客様のほとんどが泣いていました。
        最後だから、、、って今来てもしょうがないんだよね。
        なんでもっと早く、このホテルを利用してくれなかったんだろう。
        こんないいホテルが無くなってしまうまで どうして放っておいたのよ?
        そんな感情がわき出てきます。

        でもホテルの方が私に感謝していると言ってくれたとき
        私は胸がいっぱいになってしまいました。
        こんな凄い経験はもう二度とできないと。
        みなさんならこんなに大事にされたホテルにいられて幸せだったと。
        大会社の社長さんに「お前たちよく頑張ったな!えらいよ!!」
        って褒めて貰えたことが本当にうれしいと言っていました。
        最後にみんな来てくれて「よくやった!!」 と、
        一言褒めてもらえたことが自分の宝物だと。
        感無量だと。 一生懸命頑張って良かったと。
        本当にいいホテルで働かせてもらった。 有難いです。
        私にも本当に感謝していると、、、。

        その言葉に私は胸が熱くなってしまって、返す言葉が見つかりませんでした。
        涙が出そうです。
        有名人の方も大勢来ていました。
        何人かお見かけしました。
        西洋銀座の中はまだまだとても賑やかです。
        ずっとこのまま存在してて欲しいって思いました。

        私はホテルが賑やかな内に、チェックアウトをしました。
        ありがとう、今まで私を支えてくれてありがとうね。
        心からの感謝というものは、こうゆう感情なんだと思いました。

        ホテルの方が最後に握手させてください!と言いました。
        私が右手を差し出すと、 ホテルの方は両手でギュッと握手をしてくれました。
        その手の温もりとエネルギーが忘れられません。

        「またいつかどこかで会えますよね? 会えますよね?
        これが最後じゃないですよね?」

        私の問いにホテルの方は、ぎゅっと口元を噛みしめて
        無言のまま両手で私の手を握りしめていました。
        眼が潤んでいて、唇が震えていました。
        言いたいこと、伝えたいことが沢山あるんだと思います。
        まだまだいっぱいあるんだと思います。
        ホテルの方は抑えられない感情を必死に抑えている感じでした。

        「本当に今までありがとうございました。」

        ホテルの方の握手は、感謝のエネルギーで溢れていました。
        ホテルの大勢のスタッフの方が送ってくれています。
        私はタクシーに乗って、ホテル西洋銀座を後にしました。
        私の過去と共に一つのホテルが消えていく。
        その感覚は今まで味わったことがないものでした。

        バイバイ、今までの私。
        サンキュー、今までの私。
        ありがとう、ホテル西洋銀座。

        北海道神宮とタロットカードと恐山

        2013.11.09 Saturday

        0
          青龍桜子のスピリチュアルワールド・動画を無料公開中!!!



          来週ですが、北海道神宮に行きます。
          その帰り道で再びの恐山に行ってきます。 前回はまだ開通してなかったからね。
          今回は恐山にちょっとだけ足をかけてきます。
          ということで、またしてもブログの更新が停滞するかもしれませんが
          何卒ご了承くださいね。

          タイトルですが、タロットカードのことを書いていますね。
          実はずっと娘に預けていて、
          今日、娘からやっとタロットカード が私の手元に戻ってきました。
          2月からですから約3か月間、娘に預けていました。
          今年に入ってから母の体調が悪くなりまして、、
          同時に色んな ことがありまして私もギブアップ寸前でした。
          まず、年末からの娘の出産と、娘の産後の体調の悪さで
          私は毎日娘のところに通っていました。
          乳腺炎で急激に冷やしてしまったので、娘の体力も消耗してしまい
          全身が痛くなってしまって、一時はリウマチか?って疑ったほどです。

          私は毎日通っては掃除、洗濯、料理などをこなし
          同時にセッションもやりながらの生活でした。
          初めての育児と産後の体調の悪さで 娘はもしかして離婚か?
          ってところまで追い詰められていましたが 何とか2月初めには回復して、
          私も毎日通わなくて済むようになりました。
          しかし、今度は母が体調悪化。
          もうどうしたもんか? 私も更年期障害で体調が悪くて、、、もう〜〜〜泣き!!
          母と娘のところに行ったり来たり、、、
          そんな中、全国を巡ったり、、、
          なんでこの状況でこんなことをやっているんだろうか?
          と、何度自分に問いただしたことか!?
          自分を信じられるか信じられないか、究極の選択を迫られました。

          そう、究極の選択でした。
          本当に目まぐるしく、 そして私を取り巻く環境や状況は
          とても苦しくて辛い3か月でした。
          そんな月日を何とか乗り切ってここまでこれたのは奇跡です!!
          まさしく、そう奇跡ですね。
          久しぶりに手に取ったタロットカード。
          嬉しくて早速引いてみました。

          出てきたのは私が想像した通りのカードでした。(女帝)
          そのカードを見て、私って本当にマジで凄いかも?!
          って自分で 自分を思わず尊敬してしまいました。
          やっぱりタロットカードって凄いです。
          タロットを習った方、ぜひ人生のよく相談相手として
          タロットカード を活用してくださいね。

          来週はいよいよ北海道に行きます。
          その前にタロットカードを手にしたのも何かのご縁。
          またタロットカウンセリングも募集したいと思います^^

           

          大事なものは秘するべし

          2013.11.09 Saturday

          0
            青龍桜子のスピリチュアルワールド・動画を無料公開中!!!


            5月27日の記事ですが、もう公開してもいいよ〜ってことなので公開します。
            何でだろう?
            今、太陽系に来ている何とか彗星と関係あるのかもしれません。



            先ほど、四国や鳴門海峡(笑)から飛んで戻ってきました。
            今回も目的を達成したら速攻で飛行機で帰る!
            というとんでもなく贅沢なアホな旅をしてきましたが、
            一度はどうしても行けなかった鳴門海峡には 実はもの凄い秘密が隠されていました。
            どこから書けばいいのか?
            もはやわからないんだけれど、忘れないために書いておく。

            いつだったか 大事なことを秘するべし。と言われたことがあった。
            それが何のことか、今回の旅で本当によくわかった。
            大事なものは本当に隠されている。
            今回、鳴門海峡に行ってみてこの目で見て、はっきりと分かったことが あるとしたら、
            それは全国のパワースポットと呼ばれている神社や 聖地は見せ掛けであって、
            本当に大事な場所は知られていないし
            大地や風や水によって隠されているってことです。

            鳴門海峡は日本の心臓に当たります。
            私が一度、日本列島が龍の姿になって動き始めた。
            というブログ記事 を書いたことを私は自分でもはっきりと覚えている。
            頭が九州で四国が手。 そして心臓の部分に当たる所が淡路島だった。
            龍は長い眠りかたら目覚めたように、
            ブルっと日本列島である全身を 震わせて目覚めたのだ。
            その映像は今でもはっきりと思い出せるほど印象が強かった。
            その映像を見たのはもう随分前になる。
            あの時の映像はこうゆうことだったのか!?
            と今回の旅で正直、愕然とした。

            鳴門海峡が日本の心臓であり、そして地球のへその緒でした。
            地球で起こっている天変地異は全てこの鳴門海峡の渦から 繋がっている。
            私は今回鳴門海峡へ行ったのは、いわば心臓のバイパス手術を
            するために行ってきたような感じです。

            バイパス? バチスタ? う〜〜ん、あてはまる言葉がないんですけど〜〜汗
            まあ心臓の血管の流をよくして、全身に送る血の流をよくする みたいな感じです
            (医者じゃないので突っ込まないでね)
            鳴門の渦が関係あるんですよ、これが!!
            なぜそんなことをする必要があるのか?
            それは日本に咲いている今の桜の花と同じで 地球に寿命が来ているんだそうです。
            日本とそして世界と地球の寿命が来ている。
            ええ? そうなの?自分でもビックリ仰天。 マジですか〜〜?
            だからあんなこと言われたんだ!! (これについては後程書きますわ)

            まあ、私的に分かったことを書くからみんな聞いてよ。
            私が一度、淡路島から鳴門海峡を目指した時、どうしても行けなかった。
            なぜだかわからなかったんだけど、でも今日ははっきりと分かった。
            それは心臓の手術をするための道具(道具?)魔法をする為の道具?
            が揃っていなかったんです。
            そう、まだ揃っていなかった。 足りなかったんですよ、
            魔法を行うにはアイテムが足りなかった。
            アイテムや道具が足りない状態で難しい魔法や手術をすると なると、
            それは相手ばかりではなく、自分の身も危険だった。

            だから私はあの時、無理に鳴門海峡に行こうとしないで
            逃げるように淡路島から帰ってきたんですよね。
            マジで死ぬところだったぜ、危ない。
            私が全国の神社や様々な場所に行っていたのは、
            単なる神社ワーク や暇つぶしやエネルギーのレベルアップとか
            そんな簡単な問題ではなく 大魔法や大手術を成功させる為に必要なアイテムを揃え、
            私自身がまず自分の心に志を持つために必要な経験と時間 だったんだと思う。

            自分で覚悟を決める為に時間と経験とその経験を積む為の
            大金が必要だったんです。
            無駄じゃなかったんだ、あのお金は。
            大金があっという間になくなってしまったけれど、でもこれで良かった んだと思った。
            そしてもう一つわかったこと。
            それは全国にあるパワースポットと呼ばれている神社や聖地は
            実は本当に大事な鳴門海峡を隠す為の「影武者」だった。
            そっちに目を向けておく必要があった。
            なぜなら鳴門海峡に人が大勢押し寄せてしまって、
            鳴門海峡の 潮の流れが変わってしまい、
            海峡の渦の流れが変わってしまうからです。

            地球のへその緒である海峡の渦の流れが変わってしまったり
            なくなってしまったら、、、潮の流れが変わり、それが地球全体の
            海の潮の流れを変えてしまい、気候変動を引き起こす。
            地震だってそうです。 竜巻だってそう。
            全ては地球のへその緒であり日本の心臓である鳴門海峡の流れが 滞り、
            または変わってしまったからだということが分かった。

            船に乗り、渦の近くまで行ってみた。
            私が行ったときは、渦がまだできていない時間帯だったようで渦は 見えなかった。
            でも天候がものすごく荒れていて、辺りは灰色の雲で覆われ
            海はまるで台風のように荒れていた。
            高波が船を揺らして、まるで嵐の中を一隻の船が突き進んでいる ような感じだった。
            驚いたのは、船に乗っていた乗客が私だけであったことです。
            他には誰もいませんでした。
            私の為に船を一艘用意して待っていた感じで、
            それを見たとき ああ、ここのこの時間に来ることはもう決まっていたんだ。
            と思った。 波は高くて荒れていたけれど、でも鳴門海峡の渦はまだ出ていなかった。
            乗組員さんが教えてくれた。 あと30分もすれば渦ができるらしい。
            今はちょうど渦ができていない時間だと教えてくれた。
            船に乗るときにそのことを事前に聞いていて、それを承知で乗った 私は
            今この時、人間でいえば心臓の血液の流を一時的に止めて
            心臓の手術をしているように思えて仕方がなかった。

            大事なものは秘するべし。 そんなことを不意に言われた。
            本当に大事なものは秘するものだと。
            誰にも教えないものだと。
            知れば行きたくなるし、ほしくなるでしょ?
            パワースポットと呼ばれている場所は、実は鳴門海峡の渦
            (日本の心臓や 地球のへその緒)を隠す為のみせかけであり、
            でもそれはとても重要なんだと。 そうなんだ。

            でもこうしてブログで書いていいの?と聞くと、
            書いても本当に分かる人はとても少ないと言われた。
            それにこの時期に私のブログの会員さんになっていること自体が
            まさしく奇跡なのだそうだ。
            本当に? まあ、そういうんだから信じましょうか。
            追加の記事になりますが 鳴門海峡に橋がかるときに
            潮の流れが変わってしまい 鳴門の渦ができなくなってしまうかもしれないと
            多くの人たちから物凄い大反対があったそうですが
            四国の人たちの念願だったので、結局は橋ができたそうです。
            私も今回、四国側から鳴門海峡大橋を渡り、
            そして伊佐那美神宮まで 行く途中で引き返しまして、また大橋を渡り、
            そのまま徳島空港から 羽田まで飛行機で帰ってきましたが、
            今回の淡路島・鳴門海峡の旅は この橋を渡ることがとても
            重要だったことも書いておく。

            忘れちゃうから。
            神戸から淡路島へ渡る明石海峡の大橋と四国からの鳴門海峡の大橋 は
            、行った人でないとわからないかもしれませんが
            あれはただもんじゃないです(笑)
            私が最初に淡路島から明石海峡を渡って明石大橋を走っているとき
            ここは天国への入り口だ!とマジで思いましたよ。
            それほど異次元の橋でした。
            晴天で雲はまるで鳳凰のように美しい模様を描き、思わず見とれて しまうほどです。
            ところが昨日の四国から鳴門海峡を渡って鳴門大橋を走ったのですが
            雲が立ち込めていて、風はマジで凄いし、真っ暗だし雨は降るしで
            明石大橋から淡路島へ渡った時とは正反対でした。

            飛行機、飛ぶかな?って心配でした。 まさしく、天地創造でしたよ(笑)
            橋を渡るとそのまま黄泉の世界へ行ってしまうんではないだろうか?
            と思うほど、遠くに見える淡路島が灰色の雲にかかってしまい 霞んでいました。
            今回は鳴門海峡の渦潮と。 そして本島と繋がる淡路島と
            二本の橋のエネルギーのラインを繋ぎ エネルギーの流を整えた、、、
            そんな旅となりました。

            淡路島と四国を繋ぐ鳴門海峡大橋ができたことによって 潮の流れが変わり、
            渦のでき方が変わったんだと思います。
            これは私の予想ですが、橋ができたことによって 今までとは
            鳴門海峡の潮の流れが変わったんですね。
            で、流れが変わったので日本の絶頂期であったバブルがはじけて
            世界的な不況になったのではないでしょうかね?
            鳴門海峡大橋がかかってから数年後ですよね。
            一気に日本のバブルが弾けてしまい流れが変わったのは。
            その後は流れが変わり、心臓が弱くなってしまった日本の様々な分野へ
            中国や韓国がずかずかと入ってきたのは。
            日本の領土の中にわが物!(^^)!で入ってきたのは。
            あの橋が架かったことが、日本の未来へのターニングポイントでした。

            日本の心臓である鳴門海峡の潮の流を
            多少なりとも変えてしまい 違う流れの渦潮を作ってしまった。
            それが今の日本へ様々な影響を与えてしまったんじゃないだろうか?
            っていうか、そう感じました。

            人生の中でも流れが変わった、、って表現があるでしょ?
            それですよ、まさしく。
            日本の心臓である鳴門海峡の潮の流れが変わってしまい
            鳴門の渦に何らかの影響を及ぼし、欠陥?問題が生じてしまい
            そんなこととは全く知らない私がなぜか日本全国を巡り巡って
            アイテムを揃えて潮の流を整える?変える?健康な心臓にする?
            エネルギー的な緊急手術をすることになったようです。

            3月から日本全国を急いで巡り、 その手術?魔法?
            に必要なアイテムを揃えて私は今回鳴門海峡へ 行ってきましたが、
            これもまさに奇跡的なタイミングだったんだと 後で気づきました。
            ああ、そうか。 間に合ってよかったって、、こうゆうことだったんだ!!

            私が経験してきたこと、見たことの全部は書ききれないけれど、
            でも5〜6年前に私のセッションを受けたいと言って一人で
            淡路島からやってきたクライアントさんと出会った時に
            今回の筋書きは完璧に出来上がっていたんだと思う。
            そう、完璧にシナリオができていたんですよ。
            凄いですよね、
            こんなこと、誰も気づかないしわからない。
             

            11月3日の金環・皆既日食について

            2013.11.08 Friday

            0
              青龍桜子のスピリチュアルワールド・動画を無料公開中!!!



              11月3日の金環日蝕と皆既日蝕は意味が深い。

              今後の情勢が手に取るようにわかるからです。
              去年の5月に東京で金環日蝕が見れました。
              素晴らしい金環日蝕でした。
              私はその時は東京に住んでいたので、わくわくしながら過ごしたのを覚えています。
              あの時私はブログでも言いました。
              これから日本は凄いよですよ。
              金環日蝕の中心ともいうべき東京は、今後凄いことになる。って。

              で、はやり東京オリンピック決定!!アベノミクス到来!!

              ですよね〜やっぱりね〜!!
              それほど去年の金環日蝕は凄いエネルギーだったのです。

              その数年後の2009年7月22日、日本全土を覆ったのは皆既日食でした。
              覚えていますか?
              私は京都の二条城にいました。
              ちょうど日蝕の時間にぴったり合わせたかのように二条城へ行ったので、よく覚えています。
              私は大政奉還の間にいたんですよ、そのとき。
              で、その時に上の存在からから言われたのが「ひっくり返る」でした。
              ひっくり返る。
              最初は分からなかったけれど、その後2009年8月に自民党から民主党に政権交代しましたね。
              ああ、これがひっくり返るか。と、あの時の私は凄く納得したのを覚えています。


              今回の二つの日蝕はとても深い意味があります。
              バミューダ沖だけが金環日蝕で、その他のほとんどが皆既日食です。
              これは、、、、凄いですよ。
              バミューダ諸島!!バミューダ、買いです。
              そしてアフリカは今後、何かがひっくり返る可能性があります。
              用注意です。


               

              終わりと始まり

              2013.11.08 Friday

              0
                青龍桜子のスピリチュアルワールド・動画を無料で公開中!!




                タイトルにもありますが終わりと始まりです。

                私が今、宿泊している銀座にありますホテル西洋銀座は
                約26年前に建てられました。 娘が生まれた時期です。
                バブルの絶頂期で、まさに銀座が銀座らしく一番栄えていた 時の
                象徴とでもいうべきホテルで、知っている人から聞いたのですが
                この西洋銀座は一般ピープルは宿泊できないほど敷居が高く
                そして大人たちの憧れのホテルだったんだそうです。

                私もこのホテルが大好きで、
                数年前からセッションの度に 使わせてもらいました。
                バブルの時だからこそ、これだけ贅沢に作ったんだよね〜と 感心しますが、
                そんな憧れのホテルも終わりを迎えようとしています。

                5月30日で宿泊客を向かえるのは最後で、
                翌日のチャックアウトは 22時で、その時間まで
                ゆっくり過ごしてほしいとホテル側の配慮 があり、
                私も何とか予約を取ることができました。

                娘が生まれたときに建てられたホテルが終わる。
                そしてその時期を待っていたかのように、東京タワーも終わりを迎えます。
                東京タワーからスカイツリーへと電波が完全移行します。

                まさしく、終わりと始まりです。
                さきほどお風呂に入っていたら「間に合ってよかった」
                と 宇宙の根源に言われました。
                間に合わないかと冷や冷やしたとか(笑)まさかね〜〜。

                間に合うって何が? 鳴門海峡へ行ったことらしい。
                そしてこのホテルの終焉を見届けることと
                東京タワーから新しいスカイツリーへの電波の移行の時期が
                今と重なるのは奇跡だ。 と、私は思っています。

                終わりと始まり。

                いよいよですね。
                そのタイミングで、ぜひヒーリングを受けてほしいな〜〜って思っています。
                アチューメントも大事だよね。うん。
                アチューメント、受けてほしいな〜^^
                今の私は凄いですよ、冗談抜きで(笑)

                対面じゃなくてもいいですので 遠隔でのセッションでもいいので
                この奇跡のようなタイミングを逃さないで 大事なものだと受け止めてくださいね。

                選ばれた人しか受けれないので。


                 

                疳の虫になる理由とその対策

                2013.11.08 Friday

                0
                  青龍桜子のスピリチュアルワールド・動画を無料で公開中!!!



                  ちょっとブログの更新をお休みしていました。
                  でもその間にも様々なことがわかりました。
                  その一つが赤ちゃんの疳の虫です。
                  夜泣きをする赤ちゃんの理由が疳の虫です。
                  で、その疳の虫が本当にいるんだということが今回わかりました。
                  やはり何事も経験が大事ですね。

                  娘が孫を連れてやってきたので、分かることができました。
                  私は今、母のところにますが、娘も孫を連れて一緒にいます。 疲れる〜〜〜(笑)
                  一昨日はその地域にあります神社に行きました。
                  その神社はとても広大な敷地を要する神社ですが 何も整理されていなくて、
                  まあ荒れていると言いましょうか。 なんていうんでしょうか。
                  地域がら神社に参拝するっていう習慣がないんでしょうか。
                  長野は割と神社よりもお寺の方が立派なところが多いですね。
                  善光寺の影響でしょうか。
                  一昨日行った神社も一見、パワースポットと呼べるような神社ではなく
                  人々からも忘れられているような、あまり手入れをされていない
                  神職さんたちの姿も普段は見られない、そんな神社でした。

                  私と娘と孫の3人で参拝したときも、神様の存在は感じませんでした。

                  でももうすぐ神様が来るんだよ〜^^

                  そんなことを言っているような感じでしたが。
                  でもまあ、はっきりと言って東京で見かけるような華やかな神社 とは全く違う、
                  田舎の古びた誰もいない神社でした。
                  私も娘もそうゆう神社にいつ行っても全然気にならないので
                  その日も夕方に神社に行きました。

                  誰もいないわ〜〜〜寂しい神社だね〜〜。

                  そんな会話をしていました。 ああ、そうだった。
                  その日はウエサク祭の日でしたわ。 満月がとても美しい日でした。
                  二か所、神社を巡りました。 近くにあるのですが、
                  どちらも社務所には誰もいない、お社だけはとても 大きくて古い神社です。
                  凄く広いのに、なんでこんなに寂しい神社なんだろうか?
                  もっと手入れをしてお金を掛ければパワースポットにもなるし
                  多くの人も来てくれるんだろうけれど。
                  このままでは誰も来ないよな〜〜。 勿体ないな〜〜。

                  なんて思いながら参拝し、そして帰ってきましたが、、、、
                  その夜から孫が急に大泣きをするようになってしまいまました。
                  前日まではそんなに泣かなかったのに、一体どうしたんだろうか?
                  何をやっても泣きやみません。
                  私は仕方なく、夜の10時から車を出して夜のドライブに出かけました。

                  娘が孫を抱っこして、夜のドライブです。
                  すると孫はやっと泣き止んで眠ってくれました。
                  それにしても一体どうしたんだろうか?
                  この時は私も娘も全くわかりませんでした。
                  しかしその日も孫はとても機嫌が悪く夜になってからは
                  またしても 泣き叫ぶようになってしまいました。

                  一体どうしたんだろうか? 私は孫の様子を視てみました。
                  するとそこにはでっかい
                  巨大な疳の虫が入り込んだ孫の姿が 見えてきました。
                  あ、疳の虫ってこうゆうことか!! 疳の虫って本当にいるんだね。

                  ムカデのようなでっかい虫がうじゃうじゃと
                  孫のエネルギー の中に入っていたんです。

                  うじゃうじゃ、、、ぐにゃぐや、、、、気持ち悪いよ〜〜〜〜汗

                  もうびっくりしました。
                  これじゃあ、寝ないし、騒ぐわ。 きっと気持ち悪かっただね。
                  可哀そうに。 でもなんで急にこんなことになったんだ?
                  それには昨日行った神社が関係してしました。
                  光や炎に向かって飛ぶ虫のように、
                  荒れた神社に来た孫は まるで防御されていないので、
                  虫が光に飛び込むように 孫のエネルギーの中に入ってしまったんです。
                  生まれたばかりの子供はシールドがないし、
                  あったとしても とても貧弱なんですね。 とても弱いんです。
                  それに純粋な光の球なので、虫たちは近づきたいんです。
                  燃えて消滅してしまってもいいので、とにかく近くにいきたいんです。

                  それに私と娘にとても愛されている孫が
                  羨ましくて羨ましくて しょうがなかったようです。
                  だから何とか孫のエネルギーの中に入りたいと思って
                  多くの虫や神社に集まっていた光を求めるエネルギー体が
                  一気に孫のエネルギーの中に入ってしまったんですね。
                  それであの大泣きと機嫌の悪さになってしまったんです。
                  昔の人は生まれたばかりの子供を外に出さなかった訳って
                  そうゆうことだったのかもしれませんね。

                  お宮参りをするとき、
                  その神社が栄えているかどうか ちゃんと管理されているか。
                  参拝客が沢山いるかどうか。 清潔感があるかどうか。
                  神職さんがその神社に日々いるかどうか。
                  (古い神社であっても神職さんがきちんと管理している神社は
                  とても素晴らしいエネルギーを持っています)
                  そこはとても重要です。

                  なので、お宮参りをするときは近所の神社で、、
                  ということで 決められる方もいますが。
                  ご近所の神社が放置されているようでしたら無理にその神社で
                  お宮参りをするのではなくて(気を使わなくていいと思いますよ)
                  ちゃんと掃除がされていて、清潔感があって参拝客も多く、
                  神職さんや宮司様がいてちゃんと管理されている神社を選んで
                  お宮参りをされることをお勧めします。

                  お宮参りは一生に一度ですので。
                  大人と違って生まれたばかりの赤ちゃんは神仏の世界から
                  来たばかりの光の存在なんです。
                  とても美しい純粋な光の存在です。
                  神社が神社として、神仏のエネルギーが存在し
                  光ととして存在していれば何ら問題はありませんが
                  荒れたような神社や神職さんが誰も管理していないような神社には
                  赤ちゃんを近づけないほうが様々なことで無難だと思います。

                  さてと、疳の虫の話に戻ります、、、


                   

                  淡路島と伊弉諾神宮と鳴門海峡の秘密

                  2013.11.08 Friday

                  0
                    青龍桜子のスピリチュアルワールド・動画を無料で公開中!!!



                    行ってきました。 淡路島と伊弉諾神宮へ。
                    私は新幹線で行きました。
                    新神戸でレンタカーに乗って淡路島へ、、。

                    でもその途中の新幹線の中であることに気づいていました。
                    それはいつだったか、、、アークを手に入れろ。と言われたことです。
                    そのことをなぜか思い出したのです。

                    アーク。 もうずっと忘れていました。
                    アークってなんだっけ? あ、そうだった。 地球の磁場?だっけ?
                    太陽フレアーから地球を守る為のシールドのことだ。

                    そうだ、それがアークだったんだけれど。
                    そのアークを手に入れろって言われたんだけれど。
                    その時は手に入れたんだ。
                    で、その後ずっと忘れていて、、、今、はっとして気づいた。
                    そして私が23日に淡路島へ行こうと決意してこうして
                    実行 していることは偶然じゃないんだ。
                    瞑想してみる。 するとある家像が見えた。
                    それはアークと私が呼んでいるシールドで、
                    太陽からの膨大な フレアーのエネルギーを弾き飛ばしている映像だった。
                    円が幾つも重なり、広がり、横に縦に広がり広がり、、、、
                    太陽からのフレアーを反射させるようにして跳ね返している。
                    その映像を見たとき、もしかしたら本当に23日の今日という日は
                    何かが起こる予定だったのかもしれないと思った。

                    アークって、このことだったんだ。 この為に必要だったんだ。
                    本当に後になってわかることだらけなので
                    自分を信じられなく なることが多いですが
                    絶対に時が来ればわかるんですよ。
                    ああ、その時に見えた映像はこうゆうことだったんだって。
                    でもそれがいつわかるのか分からないのでイライラしちゃう。

                    新神戸駅に着き、レンタカーで淡路島へ向かいます。
                    そして順調に伊弉諾神宮に着いたとき、何だか感動してしまいました。
                    ああ、ここが伊弉諾神宮か。 何だか真っ白い神社だな〜〜。
                    それが私の第一印象でした。
                    ご祈祷をすると、目の前に伊弉諾さまと伊佐那美さまがいました。
                    まるで私の肩を抱くようにして喜んでくれていました。
                    しゃがんでいました。 私が見たイメージですよ?はい。

                    よくぞここまで来てくれました。 待っていました。

                    ご祈祷が始まり、お神楽が始まると、周りから声が聞こえました。
                    巫女さんが持っていた奉幣が天沼矛に見えました。
                    そうです。 伊弉諾様と伊佐那美様が雲の上から鉾を地上にさして
                    時の天沼矛で国生みをした映像が見えてきました。

                    「国生みじゃ〜〜〜!国生みじゃ〜〜〜〜〜」

                    国生み? この巫女さんの舞は国生みの舞なんですか?
                    巫女さんの舞はとても凛々しく、まるで本当に国生みをしている 鉾を
                    操っているかのようでした。
                    奉幣がどうしても私には矛に見える。
                    そうか、国生みをしてほしかったんだ。
                    私は国生みをする様をじっと見ながら、ここにきて良かった。 と思いました。
                    お神楽も無事に終わり、帰ろうとすると目に入ったものがあります。

                    それは桃の置物でした。
                    この桃は!? 私がいつぞや明治神宮でアマテラス様から頂いた桃なんですけど?!
                    ここに繋がるの?
                    その桃を購入し、そして車に乗って近くにある地元の食堂?
                    へ 行きましたが、、、この辺りから疲れちゃって疲れちゃって、、、、
                    もう食事を終えたときには起きているのも苦痛になってきました。

                    眠い、、眠い、、、どうしたんだろう? 体がついてこない。
                    まるで鉛のようだ。
                    しかも、どうしてもこの先に進みたくない。
                    行きたくないって思ってる。
                    もう帰りたい!とにかく帰りたいんですよ。
                    あと20分も車を走らせたら鳴門海峡なのに、
                    どうしてもそこに行けないんです。
                    3時間もかけてここまで来たのに。
                    どうしても鳴門海峡へ行こう!!
                    って気持ちにならないんですよ。
                    鳴門海峡を渡って四国へ行こう!!
                    って気にならない。 とにかく帰りたい。

                    ここから去りたい。 帰りたい。
                    せっかくここまで来たのに、どうしてもこの先に進めないんです。
                    鳴門海峡へ行きたくない。 私はこのまま帰る選択をしました。
                    倒れそうな中、急いで新神戸まで走ります。 気分も悪い。 イライラする。
                    なんでだろう? 何か間違えたかしら? 凄い腹が立つし、
                    何だか無性に自分が嫌になってくる。

                    何なんだ、この感情は?
                    私は自分でもよくわからなくなっていた。
                    何だ、これは? でもとにかく帰りたいってことだけはわかる。
                    私は急いで新幹線に乗って東京を目指しました。
                    伊弉諾神宮へは行けたけれど、でもその先のもう一つの目的地である
                    鳴門海峡へは行けませんでした。 なんでだろう? なんでいけないんだろう?
                    っていうか、なんで新幹線にした? 飛行機だったら徳島へ直ぐに行けたのに。
                    わざわざ新幹線にしたから疲れたんだろうか?

                    もう訳がわかりません。 私の混乱は東京へ着くまで続きました。
                    その間も、何だか後悔や不平不満ばかりがわき出てきます。
                    気分が悪い。 こんなこと、初めてだ。 何だろうか?
                    私、何か見落とした?

                    夜は疲れていたので倒れるように寝てしまったのですが
                    朝になってもまだ気持ちが晴れません。
                    おかしいな。 まるで初めて出雲の行ったときのようだ。
                    あの時も出雲空港へ降りれなかった。
                    まるで私を試すかのように私は一度出雲へ行くことを拒否られた。
                    あの時に似ている。 四国で何かあったのだろうか?
                    私、過去で四国で何かあったのだろうか?