笹の葉っぱと緑色の蛇

2013.11.12 Tuesday

0
    さて。 続きを書きます。
    書くつもりなかったんですがね。

    東京から母の家に帰ってきますと。
    びっくりすることがありました。
    それは、母がとても綺麗になっていたことです。
    すっかり若返っているのですよ! しかも綺麗になっている。
    どうしたんだ? 私は思わず何度も母の顔を覗きました。
    今まで母のところに着いていた何かがすっかりなくなった。
    そんな感じがします。

    肌も綺麗に白くなっていて、20歳は若返ったような?! マジで?
    暫く母の顔をじ〜〜っと見ていた私は、
    母の中にあった ずっと抱えていた自分の母親への恨みや悲しみのような 感情が、
    すっかりなくなったことに気づきました。
    ああ、その蛇はそうか。 蛇が川に泳いで行ったのは、そうゆう意味か。
    だから夢の中では意地悪で気味悪い女の子が出てきたんだ。
    あれは、幸せそうにしていた周りの友達に対する嫉妬心だ。
    嫉妬心がずっとあったんだ。
    母の中から人を羨む嫉妬心がなくなって、
    75年生きてきて やっとなくなって、
    それで本来の母の姿が出てきたのかもしれない。
    まるで少女のように輝いている母が目の前にいる事実に
    私はヒーリングって凄いわ。

    と思った。 いや、思わされた。 思うしかないよね。
    この事実を見せられたら。 今朝なんて、
    絶対に一人で買い物に行きたがらなかった母が
    朝から用意をして一人で買い物に出かけた。
    しかも、文句を一言も言わずに。 しかもしかも!!
    青々としたとても立派なお榊を買ってきた。
    凄く機嫌もいい。 もう私はびっくりした。

    「これ、お榊、どうしたの?」

    思わず聞いてしまった私。
    ずっと買いたいと思っていたけれど、どうしても買えなかった。
    でも今日はまずはお榊を買おう!!
    と思ったらしい。 信じられない!! ありえない〜〜^^

    お榊は小さな神棚へ奉納されました。
    人ってこんなに変われるのでしょうか?
    時間はかかった。 でも、人って変われるんだね。
    良かったよ、自分でそれが見つけられて、 自分で納得できて。

    緑色の蛇に感謝だね。



    青龍桜子スピリチュアルトーク

     

    笹の葉っぱと緑色の蛇 2

    2013.11.12 Tuesday

    0
      さて、続きです。 夢の話を娘にした。
      とても気になったので、とにかく聞いてもらった。
      娘から返事がきた。
      そこには「やっぱり、、」と私が思ったことが書いてあった。

      「緑色の蛇はばーちゃんだと思う。 命数の終わりは近いね」

      と書いてあった。 ああ、そうか。 だからなんだ、
      何だか妙に懐かしいような、憎らしいような 悲しいような感覚になったのは。
      あの透明な川は三途の川なのかもしれない。

      「笹の葉には先祖の霊が宿るんだって。
      お盆行事の一つみたいだよ、七夕って。
      じいちゃん、迎えにきたのかな?」

      ああ、、そうなんだ。 だから笹の葉っぱだったんだ。

      「古に力って、復活の力なんだって。 再生の力だよ」

      「それは失われたものを取り返す力。
      タロットカードの審判みたいな意味」

      追伸が来た。 古の力に繋がるんだ、そうか。
      私、ずっと母のことで悩んでいたからね、最近は。
      母がいなかったらいいのにって。
      毎日のようにあーだこうだと文句を言っている母を見て
      この人は死んでしまった方が本当は幸せなんじゃないだろうか?
      って思ったりしていた。

      でも母がそういうのも、実は寂しいからである。
      幼い頃から自分の両親に愛された記憶がないのだ。
      三つ子の魂100までも、とはよく言ったものだ。
      子供は幼い頃も、小さい頃も、そして少年時代も少女時代も
      自分は親に愛されているってことを敏感に感じ取るんだ。
      その瞬間、瞬間に感じる。 親の一言、一言に感じる。
      その行動に感じるのだ。 ああ、僕は愛されてるって。
      甘えていいんだって。
      安心してここで生きていいんだって。
      最大の味方がここにいるって分かるんだ。
      同時に、ああ、愛されていないって分かってしまう。
      そしてそれは幼い時から潜在意識になって残る。
      そしてその後の人生を左右する。
      小さい頃に親に可愛がってもらっていて愛情いっぱいの子供は
      絶対に何があっても親を信じることができる。
      親を愛することができる。
      自分も愛されてきたことを覚えているんだろうね。
      感覚としてエネルギーとして残っているんだろう。

       

      笹の葉っぱと緑色の蛇の夢

      2013.11.12 Tuesday

      0
        青龍桜子のスピリチュアルトーク




        最近は不思議な夢ばかり見る。 なんでだろうか?
        今朝方みた夢は、とてもリアルで感覚まであった。

        最初は一人の少女が出てきた。
        少女は何だか気味の悪い感じがした。
        なんで気味が悪いのかわからないけれど でも不気味な感じがした。
        私はその少女にはどうしても勝てなくて、
        かなわなくて、、、 その少女から逃げたり遠ざかったりしていた。
        でもどうゆうわけか近くにいる。

        その後、何かの展開があった。(どうゆう内容かは忘れた)
        私はどうしても勝てない薄気味悪い少女の前で転んでしまった。
        すると少女が履いていたスカートの中が見えてしまった。
        (別に覗きの趣味があるわけじゃないから)
        偶然見てしまったスカートの中には、なんと男性の顔があった。
        男は私と視線があった。 にやっと笑った。

        ぎゃ〜〜〜〜〜〜〜!!

        夢の中で私が叫ぶ。
        男の顔だけがスカートの中にある状態に、私はパニックだった。
        き、気持ち悪い〜〜!!
        するとそんな私に少女が言った。

        「私の秘密を見たな?」

        少女の不気味さは、スカートの中の男のせいだった。
        驚き怯える私の前で、少女は姿を変えていった。
        それは人間の姿ではなく、笹の葉っぱだった。
        サラサラサラ〜〜っと葉っぱが宙に舞う。
        するとプールと見間違うような透明な川が見えた。
        巨大な川で最初はプールかと思った。
        とても透明な綺麗な川だった。
        さっきの笹の葉っぱが川の中に消えていく。
        とても綺麗な、でもどことなく寂しい光景だった。

        川の中を緑色の笹の葉っぱが流れていく。
        すると突然に葉っぱが固まって、巨大な蛇の姿になった。
        とても立派な美しい緑色の蛇だった。
        しかし。 この少し前に懐かしいかな、ゆう君が出てきた。
        なんでゆうくんなんだ?って思ったけれど(笑)
        それと孔明さんも出てきた。
        二人は綺麗な川を眺めていた。
        巨大な蛇が川の中をすいーっと泳ぎ、私に近くに来ると ばしゃ〜〜〜ん!!
        と水面に現れた。 緑色の蛇がいきなり私に向かって飛んできた。
        その勢いで水しぶきが辺りに飛んだ。
        蛇はそのまま私の右肩から後ろを回って左肩に巻き付いた。
        優しい感じがした。 緑色の鱗が水を弾いて、キラキラ光っていた。
        水滴まで見えた。

        「寂しくなる、、」

        緑色の蛇が私の左側でそっと言った。
        私は 「私も寂しくなる、、」 と呟くように言った。
        すると蛇は私の顔をじっと見つめてから再び川の中へと 飛び込んでいった。
        近くではゆうくんがその光景にびっくりして腰を抜かしている(笑)
        孔明さんは普通に見てた。
        蛇は透明な川を一気に泳いでいった。 遠くに行った蛇を見つめ、
        私はなぜかとても寂しいような 悲しいような、でもこれで良かったんだ。
        と思っていた。 晴れ晴れとした気持ちもあった。
        ずっと昔からの友を見送ったような、そんな感覚だった。
        私はここで目が覚めた。 直ぐに自分の右肩や左肩を見た。
        さっきまで蛇がここにいたからだ。 でもいない。

        でも感触はある。 水の美しさも、緑色のあの鱗の鮮明な美しさも
        今も脳裏に 残っているのに、蛇がいない。

        何だろう、この感覚。 寂しくなる。って蛇が言った。
        私は「私も寂しくなる」って答えていた。 何だろう?
        大事なものが私の元から去って行ったような、、、
        でもこれで何かを手放したような解放感もあって、、、
        でも切なくて嬉しくて、、妙な感覚だった。

        あの少女は何だったんだろうか?
        あのスカートの中の男の顔は?
        そして笹の葉っぱは?
        綺麗な緑色をした優しいまなざしの蛇は?

        この話には実は続きがある。


        青龍桜子スピリチュアルトーク(夢編)

         

        世界はバランスの上に立っている 2

        2013.11.12 Tuesday

        0
          青龍桜子のスピリチュアルトーク




          昨日の記事に続きです ふと、考えるときがある。

          ヒーリングの本来の目的とはなんだろうか?
          と。 私が考えるに、何の苦痛もなく、まるで眠るようにあの世に行ける。
          ってことだと思う。

          世界中で起こっている気象の異常や暴動、、。
          自然破壊もそうだけれど、これは地球って生き物が
          バランスを 保つ為に「そうなっている」と思っている。
          地球の人口増加に歯止めがきかなくなっている。
          死ぬべき人が死なないからだ。
          これは酷い言い方かもしれなあいけれど、でも事実としてそうなんだ。

          恵まれない子供がかわいそう。
          世界中で飢えが無くなるように。
          みんなが幸せに生きられる世界であるように。
          ではその人たちに問えばいい。
          飢えている子供を自分の子供として引き取り、育てられるか?
          自分の分の食糧を貧しい人にあげられるか?
          それでもみんなが幸せに平和に飢えない世界で会ってほしい。
          そう願えるか?ってね。

          答えはNOだ。
          なぜなら今の日本人は本当の飢えを知らないからだ。
          恵まれた世界から「飢えを無くそう」っていう前に
          まず、お前がここに(飢えのある貧しい世界)に来い!!
          ってことだ。
          勿論、私も飢えは知らない。
          でも生きるだの死ぬだの、そんな悲惨な状況を、
          私は人生の中で 何度も経験しているので飢えの意味はちょっとは理解できる。
          だから敢えて言う。

          みんな平和に楽しく誰も飢えない世界なんてのは、夢です。
          いい加減に目を覚ました方がいい。
          あの世に行ったらいやでもそうなるから。
          それで極楽を経験してください。
          今、私たちが生きているこの世界は弱肉強食の世界です。
          アフリカを見ていればわかる。 とてもシンプルなシステムだ。
          弱い者が殺されて食われる。 そうゆう世界に私たちは生きている。
          全てはそのシステムの中で生きている。
          水も食料も時期、足りなくなる。
          今、当たり前のようにある物資がある日、 忽然と無くなることだってある。
          今はそうゆう時代なんだと、ある意味、 腹を括った方がいい。

          今までは貧困で死んでいた人が 実はお金でなんでも買えることを知り
          長生きをしたいと考えるようになる。
          その人数が少数ならそれほど問題はない。
          だが見ての通り、世界の情勢はひっくり返ろうとしている。
          今まで一握りの金持ちだった国が貧しくなるとどうなる?
          今まで貧しかった国がお金持ちになるとどうなる?
          お金持ちが金持ちでいるには、理由がある。
          それはお金の使い方を知っているからだ。
          自分のことは勿論だが、 でもそれ以上に遠い未来の地球を見ることができる。

          未来の人間の為に投資ができる。
          余裕があるからできることである。
          問題は今まで貧しかった国が突然にお金持ちになった時
          欲望が芽生えることである。
          欲は尽きない。 欲は、尽きないのだ。 それが巨大な人数になると、
          我が先にと辺りかまわず地球の資源を食い尽くす。
          まるでイナゴのようだ。 自分がお腹いっぱいになるまで食べ尽くし、
          無くなったら 他に移動する。
          未来の為に育てよう。残そうという気がない。
          なぜなら貧しい国の経験しかないので、
          それが大事なことだとは 分からない。

          今までの飢えを満腹にするまで取り付くし、食い尽くす。
          それが問題なんだ。

          私は私のヒーリングの最終的な目的は
          苦しまずに死ねることだと思っている。

          老人介護が必要か?っていつも思う。
          介護されてて老人は幸せか?
          介護してて、本当にこの人の為に働きたいと思っているか?
          他人におしめを替えてもらって、本当に幸せか? 生きたいか?
          それでも生きなきゃだめなのか?
          介護を受けている人の中で、今までの人生を
          「私はこれで良かったんだ。いい人生だった」 って、
          本当に思い返している老人が何人いるだろうか?

          ある程度の年齢になって 自分の人生を謳歌して
          もう私は十分だと思った時に 健康な状態で
          幸せな思いを抱いたまま あの世に行けるヒーリングを
          私はいつかHPで募集できるようにしたい。

          いつかそうゆうヒーリングが必要な時がくる。

          そう思っている。

          世界はバランスの上に立っている

          2013.11.12 Tuesday

          0
            青龍桜子のスピリチュアルトーク



            世界はバランスの上に立っている。
            以前のブログでも書きましたが、
            世界の中でお金持ちになれる 人というのは、ごく限られている。
            ごく少数だ。 なぜならそれがバランスだからだ。

            もしも世界中の人が金持ちになって
            世界中の人が飢えることがなくなったら 地球は終わる、
            と思っている。
            世界の何処かで今でも飢えて死んでいる人がいるのも
            世界の何処かで一握りの超金持ちが優雅にパーティを楽しみ
            ながら存在しているのも 地球が終わってしまわない為の
            バランスのなさせる技だと思う。

            こんなことを言うと批判されそうだが、実際にそうだ。
            みんな仲良く、飢えない世界を目指そう。
            争うはやめよう。 みんなの生活が平等に良くなって幸せになろう。
            なんてことは所詮は夢物語に過ぎないと思う。
            今の人類の人口は地球では養えない。
            無理だ。 誰かが飢えて、そして一握りの金持ちが世界を動かす。
            これは地球が滅亡してしまわない為の自然な防御策だと思う。
            今まで飢えていた国が金持ちになっていく。
            当然、地球はバランスを保つ為に
            今までお金持ちだった国を 貧しくしようとする。
            そうしないとバランスが保てないからだ。
            食料のバランス。 平和のバランス。 戦いのバランス。
            中国にお金持ちがあっという間に増えてきた。
            それも莫大な人数だ。 インドもそうだ。
            アフリカもそう。 新たな金持ちまで養う体力は地球には、ない。
            今まで貧困で喘いでいた国が豊かになっていく。
            当然、何処かの国がその代償を払う。
            金持ちの国が貧乏になっていく。 国が荒れていく。
            それがバランスだからだ。

            今の世界中の出来事の根本にはそれがある。
            今の世界のバランスが崩れるということだ。
            同時に、自然のバランスも崩れていく。
            崩れたバランスを新たに作り治すのは大変だ。
            私は近い内に 世界中の国々の中で、今まで経験したことが
            ない食糧危機や 資源の取り合いなど、大変な危機を迎えると思っている。
            今のは序の口。 もっともっと世界中で火種が出てくる。
            中国が海に出たがるのは資源の問題と、そして生命の源が
            海にあるからだと知ったからだ。

            昔のことは水に流す。という諺が日本にはある。
            その意味がとても大事なことだと最近知った。

            まあ、仕方がないか。

            ほとんどの国は怒りを選んだから。

            縋るってことを拒否してしまった。

            仕方がない。




             

            口から蜘蛛を吐く夢。グロイよね〜

            2013.11.12 Tuesday

            0
              青龍桜子のスピリチュアルトーク(夢編)


              タイトルだけでも気持ち悪いよね〜?
              今朝、私が見た夢はこれでした(笑) 口の中から大量の蝙蝠が出てくる夢。

              おえ〜〜〜〜って、吐くと、沢山の黒い蝙蝠が!!
              ひえ〜〜〜〜〜〜!!

              ってところで目が覚めて、暫く茫然としておりました。
              以前、もうだいぶ前ですが、大量の毛虫を吐いた夢を見た。
              6年くらい前かな〜^?
              あれも気持ち悪くてさ〜〜マジで吐いた感覚があって。
              暫くご飯が食べれなかった、、OZ

              でも夢占いで見ると、悪い夢じゃないらしい。
              今回の蝙蝠の夢もいい夢のようだけれど、気持ち悪いよね?
              そうそう。 出雲大社に行ったときに見た夢は、
              体中からウナギのような 虫を自分で捕まえて引っ張り出す夢だった。
              ブログで書いたけれど、ちょ〜〜リアルなんだよね。
              虫を引っ張り出す感触が残っているんだな、これが!!
              思わず、体中見ちゃったよ。
              ほんとにウナギのような虫で、寄生虫?みたいな。
              おえ〜〜〜〜。 思い出しても気持ちわる。

              でもこの後、お金が動いたから、
              やっぱり体から虫が飛び出たり する夢は吉夢らしいね。
              私は二度、体から虫が出る夢をみたけれど
              どちらもその後に大金が入ってきた!!!!

              今回は蝙蝠を吐いた夢だけれど、、、さて、どうなることやら。

              そうそう。 体から虫が這い出る夢は最近、娘が見た。
              朝方、メールしてきてね。 体から虫が這い出た感触があって
              、気持ち悪くて体中 掻いちゃったらしい(笑)
              でもそれくらいリアルです。 そして相当、気持ち悪いし、
              体中が痺れてます。

              一体どうしちゃったの?
              みたいな。

              さてさて、みんなはどんな夢をみた?

              ある神社の白いお狐さん

              2013.11.12 Tuesday

              0
                青龍桜子のスピリチュアルワールド


                ある神社の古のお社で祈ったのは、3月の終わりだった。
                まだ肌寒かったのを覚えている。
                私は旅支度をしていたが、持っている荷物は
                スーツケース一つと バックだけだった。 それだけで旅に出る。
                でもこの時は仕方がなかった。
                これしか選択がなかったんだ。
                他に選択肢がない場合、それは定められた運命だ。
                だからどんなに先が見えなくても
                どんなに不安でも不確定でも 望んでいなくても、その道を進むしかない。
                でも選択肢がある場合は、その選択や決断は大して重要なじゃない。
                どちらを行っても、どの選択をしても、
                その人の人生を左右 するような決断じゃない。

                私は寒い中、古の存在に向かって祈った。
                「どうか私を助けて下さい。 私の願いを聞いて下さい。
                もしも私を助けてくれたら、私はこの古い祠を新しくしましょう。
                もっと美しい綺麗なものに建て替えます。
                だから私の今の状況を変える助けをしてください」

                素直に祈った。
                もうずっと昔に忘れられている古い祠を見上げて、私は祈った。
                なぜならそこには古の何かがいるってわかっていたから。
                全面にあるのもは全て見せ掛けで、
                この古くて小さな古の祠の 中に眠っている存在こそが、
                全ての源であると、直観的に分かっていたから。
                だから私は珍しく祈った。 助けを求めた。
                ほんの一瞬だったが、そう祈った。
                助けてくれたら貴方の祠を綺麗にしましょう。
                新しくしましょう。 綺麗に掃除もしましょう。と、、、。


                あれから3か月。 あの時の状況からは見事に脱していた。
                根本的な解決はまだですが、でも助けてほしいと願った状況は
                私の目の前には今はない。 先のことはわからないけれど、
                でも確かにあの時の刹那的な 状況とは異なっている。
                というか、助かった。 本当に助けてもらった。

                久しぶりにあの古のお社の前を通った。 びっくりした。
                いつの間にか、綺麗に掃除がされていた。
                あの古い祠もちょっと整理されていて、小さいけれど新しい祠も
                横に建てられている。 私はマジでびっくりした。
                私がいくら祠を新しくしようと思っても、そうそうできることじゃない。
                だって普通の神社だから。
                そんなの何千万も寄進しなくちゃ無理でしょ。
                その神社の方がOKしてくれなくちゃ、無理でしょ。
                だから正直、あの約束を忘れていた。
                あの時の状況を一変してくれたのに、私は約束を忘れていた。
                それがどうだろうか。 私が約束をした通りに、
                祠が綺麗になっている。 掃除もされていて、新しい祠まで建っている。
                これは幻だろうか? と、最初は思った。

                でも現実の世界である。 どうゆうことなんだろうか?
                これには訳があった。
                この神社の神職さんがとても信心深い人で、
                ある小さな子供が 言った言葉をとても重く受け止めてくれたのだ。

                「お狐さんが泣いてるよ。 あのお山のお狐さんが泣いているよ」

                子供が言ったその言葉を神社の方が受け止めてくれて
                そしてずっと放置していた祠を綺麗に掃除をしてくれたんだそうだ。
                しかもその後のお狐さんのことまで案じてくれているんだそうだ。
                私はこの話を聞いて、なんて凄いんだと思った。
                私の力ではできないが、ちゃんとそれができる人の心に届くように
                物事は動いている。 私が約束をしたことを、
                私の代わりに神社の神職さんが聞いてくれて やってくれたんだ、
                と勝手に思った(笑) 思ったもん勝ちだわ!!

                こうして結果的に私は約束を果たしたことになった。
                それにしても目に見えない力って、本当に凄いです。

                ちょんと物事は動いている。

                全てを任せて天命を待つ?!

                2013.11.12 Tuesday

                0
                  青龍桜子のスピリチュアルワールド


                  タイトルがすんごいですが(笑)
                  最近の私はHP制作のことで色々と考え過ぎていて
                  自分でもわからない疲れを感じていました。
                  神経が疲れていたのを自覚できなくて。
                  でも、今日夢の中で激しく戦っている自分の姿を見て
                  あ〜〜私、脳が疲れてるんだ。ってやっと分かりました。

                  考えすぎだよね。 いいHPにしなくちゃ!!
                  みたいな焦りもあって。 頑張らなくちゃ!!みたいな(笑)
                  私らしくない意気込みがあって、でも何だかそう考えると
                  やりたくないな〜なんて思ってみたり、、、。
                  あれも必要だ。 これも必要だ。 あれもやらなきゃ! これもだ!!
                  な〜んて毎日考えていたら、ちゃんとできるんだろうか?
                  なんて不安も出てきちゃって(笑)

                  でも今日、すっごい疲れる夢を見た後に、
                  久しぶりにセルフヒーリングをして、
                  今の私の状況がすんごくリアルに分かった気がします。
                  セルフヒーリングをしていて最初に言われたこと。
                  それは

                  「今まで自分を信じ、 私たちを信じて全てを
                  任せてくれたのだから これからも全て任せなさい。
                  自分でやろうとしないで、全てを任せなさい。
                  全て整えるから。 貴方がやり易いように全てを整えるから。
                  貴方は一人じゃない。信じて任せなさい」

                  そうだった。 私、もうすべてを任せたんだった。
                  なんで自分でやろうとしたんだろう? 任せちゃえばいいんだ。
                  全て任せるって決めたんだから。 HPのことも任せよう。
                  できることはできるし。できないことはできない。
                  HPを作るってことが運命なら
                  私が色々と考えなくてもちゃんとできる。
                  ああ、そうだ。 任せよう。 忘れてた。
                  良かった、ヒーリングをして。 良かった。
                  ちなみに、ヒーリングをしていた時に見えた光景は凄まじかった。
                  意識の中で、 自分で何とかしようとする黒い軍団(笑)
                  に立ち向かう私は 巨大な竜巻のようなエネルギーを
                  ヒーリグによって抑え込み そのまま宇宙の根源へと行きます。

                  ヒーリングをしていて、この黒い軍団は自分で
                  何とかしようとする 潜在意識だと気づきます。
                  黒い嵐のようなエネルギーでした。 後ろを振り返ると、
                  そこにはのんびりと海辺を歩いている 亀がいた。
                  亀の親子だろうか?いっぱいいる。
                  綺麗な風景がそこにあった。 穏やかな海辺に大きな亀に海なのに、
                  なぜか鯉もいて、、、 いや、海じゃないのか? 湖なのかしら?
                  とにかく太陽の光が綺麗で、穏やかな空間があった。

                  まるで正反対の光景だった。 全てを任せるとこうなる。
                  自分でやろうとすると、嵐と雷とそして真っ黒の竜巻のような
                  エネルギーだけが存在している。 私はヒーリングをしながら
                  竜巻のエネルギーをどんどん 押していった。
                  そして最後には宇宙の根源へと返してやった。
                  ヒーリングが終了すると、私の足元に大きな亀がやってきて
                  足をトンっと突っついた。 そこでヒーリングが終わった。

                  あ〜〜〜いつもながら凄いヒーリングだわ。

                  龍の写真

                  2013.11.11 Monday

                  0
                    青龍桜子のスピリチュアルワールド




                    とてもお目出度い、縁起の良い龍の雲の写真です。

                    この写真を見た方は、いいことがありますよ!!

                    是非お友達にシェアーしてあげてね。