福岡の旅と東京の砂嵐と龍の話

2013.11.07 Thursday

0
    青龍桜子のスピリチュアルなお話し・動画を無料で公開中!



    さてさて、、、、 福岡のお話を書かなければ、、と思っているのですが
    (汗 しかし、書きかけの記事があるぞ、、まずい。 う〜〜ん、
    以前の清流櫻子のブログと同じじゃないか!! ちゃんと書かなきゃだわ。

    でも毎日、本当に色んなことがありましてですね。
    書くのが追い付かないというのが現状でございますので ブログ記事が前後しますが
    、何卒ご了解くださいませ。 そもそもなぜ急に福岡に行ったのか?
    それを書く前に、娘のヒーリングを受けているときから
    話は遡り、その時の会話が福岡に行くきっかけとなりました。

    「、、、、龍が見えるんだよね。 白黒の龍なんだけれど。
    襖とか障子に描かれているような龍なんだ。 なんかすごい迫力なだけど。
    さっきからその龍が出てくる、、、、呼んでるよ。
    お母さんを呼んでる、、、来てって、、、、、 それと、、、
    蘇我ってでるんだよね。 蘇我、、、ってなんだろう?」

    ヒーリングを受けていると、娘が不意にそう言った。

    「白と黒の龍? それって京都の建仁寺の天井図じゃないの?
    京都に行ったときに目に入ったんだけれど 寄れなかったんだよね〜^^
    ポスターが目に入ったんだけれどね、なんか寄らなかった。
    建仁寺に行けば良かったかな? でも時間がなかったからね、
    呼んでるならまた行くけど?
    蘇我ね〜〜〜大化の改新の蘇我一族の蘇我? 私に関係あるのかな?
    そういえば大阪で四天王寺に行ってきたけれど、、、 そこと繋がるのかな?」

    「う〜〜〜ん、、、龍は、、、そうだね。
    建仁寺の龍か、、、そうだね、、、そうかもしれないよね。
    蘇我ってなんだろう?
    この前も蘇我って夢の中で言われたんだけど、、わからなかった」

    「何だろうね?」

    この時はなんの気なしにそんな会話をしていました。
    さっぱりわからなかった。
    私は京都と大阪から戻ったばかりだったので、てっきり京都の建仁寺 の
    天井に描かれている龍図だと思ったのです。 あの龍が呼んでいると。
    でもだったらなんで寄らなかったんだろう?
    そう思ってみたものの、そんなときもあるか〜〜ってそれほど気にしていませんでした。
    でも翌日、不意につけたテレビを見て、ピンときました。
    そしてテレビの中に映っている龍の絵を見て、どど〜〜んっと 背筋に何かが流れました。
    これだ!!!! 九州国立美術館で行われている特別展示会
    「ボストン美術館・日本美術の至宝」 これはもしかして!!
    娘が言っていた龍って、この龍じゃないの?!
    私は慌てて娘に電話をしました。
    すると娘はテレビを見てものすごく驚いたのです。
    この龍はなんと!! 120年ぶりに日本に帰ってきているのです。 信じられない。
    もう何もかもがびっくりです。
    このタイミングでこのテレビを見たのもメッセージだった。
    もしテレビを見なかったら知りませんでしたから。
    あ〜〜〜凄い。 何もかもが繋がっている。 用意されている。 そうなのです。
    娘の前に現れたのはこの龍だったのです。 顔も姿もこの龍だと言っていました。
    確かに襖に描かれている龍です。 白と黒の龍です。
    しかも描いた画家の名前が「曽我蕭白」なのです。 蘇我って曽我だったんだ!!
    娘もこのテレビを見ていて、びっくりしたと興奮して話をしました。
    しかもこの博物館の直ぐ近くには「太宰府天満宮」があります。

    大阪に行ったときに、娘が「天満宮に寄ってね。呼んでるから〜^^」
    と言ったのですが、 もしかしたらこの九州の天満宮のことだったのではないか?
    おかしいと思ったんだよね。 大阪の天満宮に行っても何も感じなかったし。
    いや、大阪の天満宮に行ったからここに繋がったんだ。
    一つづつ駒を進めたから順番が回ってきたんだ。 そうに違いない
    。 余計なものなど何一つないのだから。 よし!!繋がった!!
    この龍が呼んでいる。 しかも曽我って名前まで出して強烈に私を呼んでいる。
    行かなくては!! なんとしても行かなくては!!
    展示期間を見ると、なんと3月17日までとある。
    これは時間がない。 直ぐにでも行かなくちゃ!!
    私は直ぐにネットで検索して飛行機の予約をしました。
    明日の飛行機で、龍が待っている九州福岡へ。 国立美術館へ!!!
    しかし一人で行くのはちょっと不安だ。 だって知らない場所だし。
    一人旅は寂しいし((笑) ってことで急遽、孔明さんに頼んでですね。
    強引に有給を取ってもらって一緒に福岡に行ってもらうことになりました。
    わ〜〜〜いい!!

     

    日本列島ヒーリング

    2013.11.07 Thursday

    0
      青龍桜子のスピリチュアル算命学セッション・動画を無料公開中!!



      日本列島ヒーリング、終了しました。
      震災の時間よりも10〜15分ほど早かったですが
      あるところでヒーリングをしました。
      どこで行ったのかといいますと。
      偶然(いや、必然か)ですが、赤坂の日枝神社にいましたので
      参拝をしたまま日本列島ヒーリングをさせていただきました。
      そのまま宇宙の根源に繋げてきました。
      ヒーリングが始まりますと 神社の本殿の中にあります金色の輝くみてぐら(へいはく)
      が日本列島の真ん中に(どんっ)と突き刺さるイメージが降りてきて、、、
      おおおお〜〜〜〜〜^^素晴らしい〜〜〜〜!!
      と、一人で興奮しておりました。

      そのまま日本列島が金色に光輝く映像が見えました。
      波紋のように金色のエネルギーが日本列島に広がっていきます。
      とても美しく綺麗でした。 勇壮で壮麗な感じが致しました。
      日本が愛しくなりました。 日本が今まで以上に好きになりました。
      私にできることは物質的に援助することではなくて 目にも見えないし
      何だかよくわからないようなこんなことですが
      でも今の私にできるときにやっておこうと思います。
      後で後悔しないように。
      人からなんと言われようと、私は私のやることをやるだけです。
      コメントを頂きましてありがとうございました^^ 


      地球とか宇宙とか、、、そうじゃなくて、、、、
      今は日本の為に日本に焦点を合わせてヒーリングをしたいと思います。
      2年前の今日、私は東京のホテルにいました。
      なぜ来たのか、わかりません。 長野から急に「東京へ行かなくちゃ」と思って、
      セッションも ないのに一人で東京へきました。
      そしてチェックインしたその直後にあの地震・震災でした。
      あれから私自身も様々なことがありました。 いいことばかりじゃありません。
      でもそれでも生きていかなきゃいけない現実があります。
      私のような人間が生きるのが辛いと思うときがある。
      震災に遭われた方の苦労はいかばかりかと思います。
      でも自分で経験したわけではないので全てを分かることは できませんが、
      でも、今私にできることがあるのであれば それをやりたいと思います。
      物質的な援助ではありませんが
      このヒーリングが日本に住んでいる全ての人の心に届いてくれますように。
      桜の花びらの一つが美しい青い空に舞うように、、、届いてくれればいい。
      桜の花を見て、ああ綺麗だな。と心から思ってくれる人が少しでも
      多くなってくれることを祈りながら行います。
      時間は震災があった時間と同じころです。
      特別に何もする必要はありませんのでそれぞれに受け取ってください。

       

      黄色い蛇とヒーリング

      2013.11.07 Thursday

      0
        青龍桜子のスピリチュアル算命学動画を無料で公開中!!




        何だか毎日、色んなことがあるのですが。
        書きかけの記事もあるし(いつものことか) 相変わらずそのスピードについていけませんです
        (汗 ブログに書くの、大変なんだから。
        ちょっと待ってよ〜〜〜〜。

        黄色い蛇のお話ですが、これは最初に娘が夢を見たことから始まります。

        「私さ、今朝すごい夢をみたんだよ。 黄色い蛇が出てきてね。
        それもすご〜〜くでっかくて すご〜〜く綺麗な黄色い蛇が5〜6匹でてくるんだよ。
        でもね、みんな檻の中に閉じ込められていてね」

        「蛇?黄色い蛇?」

        「うん、そう。黄色い蛇なんだけど、みんな漫画みたいな顔を しているんだけどね。
        目も丸いし可愛いんだけど、でも怖いんだよ〜〜。
        なんかとんでもなく凄い迫力があるっていうか、、、。
        ただもんじゃないって感じなんだよ。 とんでもない力を秘めている蛇なんだ。
        それも5〜6匹もいるんだよ〜〜〜。 もうちょ〜〜〜怖いの!!
        怖くて怖くて、、でもそんな蛇近くのにお母さんがいるんだよ。
        なんでお母さん、こんなところにいるの?って思ったよ」

        「それで?」

        「その蛇がさ、檻の中で登っていくんだけど。 その登り方が怖くてさ。
        口に檻の鉄を銜えてさ、ガシャン!!
        って感じで登って 登ったらさ、ぶら〜〜〜ん、、、って檻にぶら下がったまま
        こっちをじ〜〜〜っと見てるんだよ!! ちょ〜〜〜怖いんだよ!!」

        「そんな怖い蛇のそばに、なんでお母さんがいるの?」

        「うん、よくわからないんだけれど。もう一人知らない女の人がいてね。
        見覚えのある山の中腹に一緒に行くんだけれど
        そこが何だか修行の場になっていて、、その女の人が言うには
        ここはある宗教団体の人たちの修行の場でね。
        とても凄い力のある人がここで修行をしたんですよって 話ているんだよね、、、
        全然知らない人なんだけどね、、、」

        そこまで話を聞いて、私はふと思い立った。
        そして私の中の誰かがいきなり言ったような感じになった。

        「その山ってさ、@@じゃない?」

        「@@?ああ、そういえば@@かもしれない」

        「その黄色い蛇って、お母さんの蛇だ!!お母さんの蛇だよ!!
        きっと何処かの宗教団体に囚われていて檻から出れないんだ。
        出してあげようよ、その黄色い蛇!! 私の蛇だもん」

        ということで、急遽ヒーリングをすることになりました。
        だって、黄色い蛇、私の蛇だ!!って思ったんだもん。
        娘がヒーリングをすると、緑色と青い色のエネルギーがやってきました。
        それは九頭龍さんでした。 そして、意外なことがわかりました。
        この黄色い蛇はやはり私のというか、清流櫻子のものだったのです。
        でも清流櫻子が、どんなにお金があってもこの仕事を続けていく。
        という志を持つまでは預かっていてほしい。
        と言って箱根の 九頭龍様に預かってもらっていたというのです。

        「一番最初に九頭龍神社に行ったのはいつ?」
        と娘に聞かれて思い出すと、この仕事を始めた時だから、、、 7〜8年くらい前でしょうか。

        「その時からお金がなくなったでしょ?」
        と、言われて、そういえばそうだと思いました。
        神社巡りをやっていた時からお金がなくなってきたような、、、。
        以前は何だか知らないけれどいつもお金があったんだよね。
        作家をやっていたせいもあるけれど、使っても使っても
        入ってくる方が多いので貯金が減らない時期があった。
        それがいつの間にかなくなってしまって、、、 お金がない!!
        状態に突入したんだ、、、。 スピリチュアルってこうもんなんだ。
        って諦めていた時期も あったけれど、、、ある意味、お金がない究極の状態で
        なければ志ってできなかったのかもしれないよね。 うん、そうだよね。

        「今の清流櫻子になる必要があったんだって。
        それをず〜〜っと待っていたんだって。
        で、お母さんが蛇を九頭龍さんに預けたって言ってるよ。
        この時が来るまで預かってほしいって。
        それで九頭龍さんはずっと封印して守ってきたって。
        最近、箱根の温泉に来たでしょ? あれが封印を解く鍵だったんだって。
        今、やっとその封印を解いてお母さんに返す時がやってきた。
        貴方にお返しするって、、言ってるよ」

        「そうなんだ、、。 そうだよね、
        以前のお母さんだったらお金持ちになったら ヒーリングなんてやめてたよね。
        あの3人で温泉なんて考えられなかった。 なんで来たんだろう?
        って思ってたもん。 そうか、、、そうだったんだ。
        以前の私はヒーリングが嫌で仕方なかったもんね、、、
        何度も辞めてたし、実際((笑)」

        「うん、そうだね。でもそれじゃあ困るんだって。
        お母さんがヒーリングをやることは天命だから。
        そのことに気づいて、そして志を持ってほしかったんだって。
        絶対に続けるって。 絶対に幸せになってやるって。
        自分を幸せにしてやるって。
        お母さんは自分の幸せを考えたことがなかったから。
        お母さんのヒーリングは普通じゃないんだって。
        他の誰にもできないヒーリングなんだって。 蛇を解放するって、、、」

        「ありがとう」

        確かに、今までの私だったら、
        作家をやっていた時の 経済状況が続いていたら、
        とっくにヒーリングはやめてました。 それくらい、
        今日に至るまでの私は苦難と苦痛の連続でした。
        何度も辞めたのだって、それに耐えられなかったから、、
        という のもあります、確かにね。 大嫌いだった時期もあります。
        でも全部、すべてを失った時に、
        最後に私の手のひらの中に 残っていたものがヒーリングでした。

        目に見えないヒーリングってものが、私の手の中にあったんです。
        ああ、私に残っているものってヒーリングだけなんだ。
        でもヒーリングだけは残ったんだ。 と気づいたとき、
        私はこの仕事が天命なんだと知りました。
        そうして、今の私、清流櫻子がここにいます。
        やはり天辺を目指そうと思ったらそれ相当の覚悟が必要です。
        どんな仕事でもそうですが、楽しいだけでは器が小さいんだと思います。
        楽しいだけで作る輪はとても小さい。 それでいい人もいる。
        それで十分な人もいる。
        けれど私のようにどんな人にも提供てきるヒーリングがやりたい。
        それを目指そうと思ったら、それ相当の修行のような経験がないと
        目指すそこには行きつけないんだと思いました。

         

        古の力

        2013.11.07 Thursday

        0
          青龍桜子のスピリチュアル算命学動画を無料で配信中!!



          昨日、一昨日、そして今朝と続けて三日になりますが 私
          は朝方の4時ころから幽体離脱をするようになっていました。
          いや、正確には幽体離脱ってこうゆうことか〜〜って感じです。
          しかし、とても気持ちのいいもんじゃない。 はっきり言って、物凄く疲れる。
          全身びりびりと電気が流れているし、
          その間は何だか必死に 歯を噛みしめているし、体は全く動かない。

          幽体離脱って、肉体からエネルギーが抜け出せるので
          まるで雲のようにふわふわしてとても気持ちいい〜〜 って聞いたことがあったけれど
          そんなもんではありませんでした。
          時間にして3時間〜4時間ほどです。 長くない?
          今朝なんて本当に苦しくてですね。
          もう途中で何度もお不動様の真言を唱える始末。
          色んな世界で何かをやっているようで、、
          それがなんだったのかは この世界へ戻ったとたん、忘れてしまう。
          でも凄く大変な世界へ行っていたことだけは覚えている。
          今日なんて、自分のエネルギーをこの肉体に戻すのがとても 大変で、
          もの凄く〜〜〜くエネルギーを消費した。 一体なんなんだ?
          魂が抜け出た私の肉体にめがけて、多くのエネルギーの塊が 近寄ってくるし。
          エネルギーの抜けた私の肉体に何とか入りたいようで、、、
          しかしそれを阻止している私の分身がいてそれを阻止する。
          でも私の本体のエネルギー(魂)はどこかに行っていて、
          何かとんでもない世界でとんでもないことをやっていて もうあっちもこっちも大変!!
          って感じなんです。

          今朝は流石に息もできないくらいに疲れてしまっていて
          これは娘にチャネリングをしてもらおうと思いました。
          私何か間違えたか? いや、間違えてない。
          私はよく自分は何か間違えたか?と自分のやったことを振り返っては
          自分に問いただしてきたけれど 私は何も間違っていない。
          と最近は自信を持って言えるくらい 経験をしているので、
          今ではそんな自分を信じている。 だから間違いはない。
          今起きていることも これからの私に必要なプロセスの一つであるとして、、、。
          でもなぜこうゆうことになっているのかを知る必要はある。
          私は娘のところに行って聞きました。
          私はなぜ毎朝、幽体離脱をしているのか?と。
          するとその答えは想像もしていなかたことでした。

          文観って誰?

          2013.11.07 Thursday

          0
            青龍桜子スピリチュアルトーク動画・無料で公開中です!!



            先日のこと 孔明さんに娘と私の二人でアチューメントをしていた時のことです。

            二人でアチューメントという新しいメニューもスタートします。
            募集はもうちょっとお待ちくださいね。
            チャネリングをしていた娘がいきなり言った。

            「お寺が見える。 お寺に、、、文観、、、って字が見えるんだけれど。
            もんかんって読むのかな?ぶんかんかな? 文観って、、、誰?」

            「文観?もんかん?ぶんかん?誰それ?知らないんだけど?
            初めて聞く名前だよね?」

            私も孔明さんも初めて聞く名前です。
            娘はチャネリングをしたままネットで調べ始めた。

            「この字、どこかでみた気がするんだけど、、、。
            あ!!立川流って知ってる、孔明さん?」

            すると孔明さんがいきなり笑い出した。

            「立川流は知ってますよ。 もしかしてあれですか? 文観って、、、
            邪教と称される立川流を駆使したお坊さんのことですか? 荼枳尼天ですよね?」

            「うん、そうそう、その文観って人がいるよ」

            「そうなんですか?マジですか、、、、」

            調べてみると、おやおや後醍醐天皇とご縁がある方らしい。
            成程ね〜^^ やっと今の状況になってこうして姿を現すことができたようです。
            孔明さんは実は、表の顔が楠正成。 で、裏の顔が文観だそうです。
            いや〜〜〜〜怖い怖い(笑) しかし、想像もしない人が出てくるもんですね〜^^
            三人で「文観って誰?」って感じです。
            この続きはまた後程。

            象牙の判子

            2013.11.07 Thursday

            0
              青龍桜子のスピリチュアルなお話し動画を無料で公開中です



              そうそう、、、忘れるところでした。
              大阪の住吉大社の初辰祭でご祈祷を受けたとき ある光景が見えたんですよ。
              それがいきなり巨大な象牙がでてきたんです。
              最初は刀かな?と思いましたが 白くて太いので象牙だとわかりました。
              しかも色んな飾りに飾られていて、まるで王様が乗っている 像の象牙でした。
              最初は何だかわからなくて、、なんだろう? ってじ〜〜と見ていたら、
              それが象牙だとわかるから不思議です。 それもとっても立派で大きな象牙です。
              しかも2本。 私の目の前に差し出すのです。 私は両手で受け取りました。
              すると、像まで出てきてこんにちは^^って感じです。
              象牙?どうゆう意味だろうか? と、考えていると、思い当たりました。
              最近っていうか少し前に、立派な象牙の判子を作ったのです。
              銀行印と実印の2本を作りました。 値段は聞かないで下さい
              (あほかと言われるような金額でした) でもどうしても欲しかったんです。
              あの時の判子が思い出されました。 あの判子のことを言っているの?
              稲穂がここで象牙になって、作ったばかりの判子に繋がった?
              もうビックリです。

              京都の神社巡り

              2013.11.07 Thursday

              0
                青龍桜子のスピリチュアルトーク動画を無料で公開中!!!



                京都の神社巡りを書くぞ。

                京都駅に到着してから荷物をホテルに預け まず最初に行ったのはお豆腐の料理屋さんです。
                お腹が空いた。 いつも行くお豆腐料理のお店でランチを頂いて、
                そしてそのままタクシーで戻って青蓮院に行きました。
                久しぶりの青蓮院。 何年ぶりだ? 忘れた、、、、それくらい昔だ。
                確か娘と一緒に来たとき以来でしょうか?

                青蓮院の青いお不動様の前で手を合わせると「急がれよ」と 言われた。
                急がれよ? ええ〜〜〜〜?忙しいの? 私そんなつもりはないんだけれど。
                たまにはゆっくりと回らせてよ〜^^ しかし、う〜〜ん。

                まあ、そういわれるなら急ぎましょうかね。
                次に向かったのは「知恩院」です。
                私、実はここ初めてのような気がするんですけど?違いました?
                でっかい阿弥陀如来様ががいらっしゃって、、、。
                階段を登って寒くて疲れてしまっていたので
                お堂の中には入らないで遥拝をさせていただきました。
                だって、その時もなぜか急いでほしいと言われたから。
                また? そんなに私のスケジュールは押しているのかしら?
                時計を見たら2時半。 まだ2時半だよね?なんだろう。
                この忙しい感じは? まあいいか。

                そのまま八坂神社へ行きました。
                わお〜〜〜〜〜^^ 久しぶりですね、すーさん。
                と、その前に伊勢のお社に両手を合わせると、
                すーっと場が 変わりまして、そこはもう伊勢神宮でした。
                流石だな〜^^ と感心しながら八坂のお社に向かいます。
                お社の前で私は今までと違う感覚を感じました。
                足の下からこんこんと水が湧いているイメージがあふれてきます。
                なんだろう? 地面にこんこんと綺麗な大量の水が湧いている。

                湧水があるんだろうか?
                しかも、ものすごい量の水です。 ここは湖だったんだ。
                そうか、ここは水か。 今まで感じたことがなかったのですが、
                その時はそう感じました。 なぜでしょうね?
                不思議です。 と。 ここでもすーさんに
                「久しぶりの櫻子さん。嬉しいです。でも急いでね〜^^」
                と言われる。 ええ〜〜〜〜? なに?なんなの? でも私休まないと無理だから。
                と言って、八坂神社のお休みところでおぜんざいを頂く。
                甘い、でも美味しい。 寒かったから本当に温まったです。
                八坂神社には大黒様もいる。
                そこで両手を合わせた時の見えた映像は、、、秘密です。
                そうなんだ〜〜〜!! と、感心してしまったのですが、成程と納得もしました。
                そんなことをしていると、時間が経過してしまった。
                時計を見ると3時を回っている。
                今日はもう終わりにしようかな?と思っていると 三十三間堂で呼んでいる?
                急いでタクシーに乗って行ってみると、 ちょうど門が閉まるところだった。
                タクシーの運転手さんが気を利かせてくれて入れてもらえる ことになった。
                ありがとうございます。 門を閉めようとしていた係りの人が
                「あと30分で閉めるので 急いで回ってください」と言いながらも入れてくれた。
                私が入ると、門が閉ざされた。 後から来た人は入れなかった。
                私も後10秒遅かったら駄目だったと思う。
                よくできている。凄いタイミングですよね。 良かった。 間に合った。 そうか。
                だから急いでくださいって言われたのかしら? と、思いながら急いで回る。

                その途中で先祖供養の用紙に書き込む。
                じいちゃんの顔が浮かんだので、じいちゃんの供養をお願いした。
                そんな私を見て、でっかい千手観音様がにっこりとほほ笑む。
                そして一言。 「この私の姿は貴方です」 と、仰る。
                何のことだろうか?と思っていると、周りにいる仏像の全てが
                クライアントさんのことを言っているのだとわかった。
                こうゆうときって、一瞬で分かるから不思議です。 「私は貴方です。」 と仰る。
                嬉しいやらありがたいやら。 こんな私にも温かな言葉をかけて下さる。
                見ててくれているんだ、ありがとう。 心の中で感謝して三十三間堂を後にした。
                ホテルに戻ったのは4時半くらいになっていた。
                初めて予約したホテル。
                しかしここから今回の旅の本当の目的の一歩が踏み出されたのです。
                物語の始まりです。

                桜のイメージ

                2013.11.07 Thursday

                0
                  青龍桜子のスピリチュアルなお話し動画を無料で公開中!!!


                  住吉大社を去ろうとしていたとき、、私の目に留まった絵があった。

                  フリーマーケットの中の一つで、その人のイメージをカラーで
                  描いてくれるってものでした(よくわからないけれどそんな感じ)
                  私が足を止めると、男性が声をかけた。
                  20分くらいで描けますよ。 私はなぜかすぐにお願いした。
                  なんでかな? 何だか描いてほしかった。 何枚かのカードの中から好きな色を選んでください。
                  と言われて、私は金色を選んだ。
                  そして目を瞑って一枚引いてくださいと言われて、私はピンク色 を引いた。
                  これが私の色だそうです。 華やかで一目を引く、女性の色だそうです。
                  そして金色はお金の運。 男性は私を見ながら形や色を決めていく。
                  男性は私に好きな花を聞いてきた。

                  私は咄嗟に「バラとかユリとか、、ランですかね」と答えた。
                  男性は私を見ながら「桜はどうですか?」と聞いた。 私はびっくりした。
                  「貴方を見ていると桜が浮かびます。 貴方は桜に縁がある人です。
                  桜吹雪ですね。それも枯れない、いつでも満開の桜です。
                  そしてまだ蕾もあります。 その蕾が開花したとき、貴方は無敵になれる。
                  貴方は一生お金に困らないです。 貴方は好きなようにやっていいんですよ。
                  自分が思うことをどんどんやってください。」 そう言われました。
                  ビックリしました。 なんで桜が出てきたんだろう?
                  私が清流櫻子って名前だって、知る由もない。
                  それなのに、桜って言い当てた。
                  バラだのユリだの言ったのに。 この人、誰?(笑)
                  一枚の絵には、私の未来が描かれていた。

                  2013年3月3日

                  2013.11.07 Thursday

                  0
                    青龍桜子のスピリチュアルなお話し動画を無料で公開中!!!


                    今日は2013年3月3日。
                    今日まで気づかなかった。 そうか。 今日は2013年3月3日。

                    何だか3並びの日だったんだね。 京都で回った神社の話は後日書きます。
                    大阪では最初に天満宮に呼ばれたので行きましたが 大阪ってすごいですね。
                    神社の境内でフリーマーケットをやっているんです。 最初、ビックリしました。
                    天満宮は娘からのメールで「大阪の天満宮が呼んでるよ」 と言われて行ったのですが、
                    正直よくわかりませんでした。 まあ、そんなときもあります。
                    っていうか、、そうゆうときが多いです。
                    ヒーリングやっているから。
                    スピリチュアルカウンセラーだから、何か気づきがあるはず。
                    な〜〜んてことはありません。 ほとんど、わからないことが多いです。
                    でもその時は分からなくても後で「ああ、あれはこうゆうことだったのか」 と、わかるもんです。
                    私がそうですから、はい。
                    写真を何枚か撮って、その後は四天王寺へ。
                    四天王寺って初めて行きました。っていうか、、知りませんでした。
                    聖徳太子ですか。 うむ。 行ってみてびっくりです。
                    ここでもフリーマーケットをやっている。 大阪ってやっぱり商人、あきんどの都市ですね。
                    四天王寺には大きな阿弥陀様と十一面観音菩薩様がいらして
                    私は久しぶりに「おお〜〜〜!」と思いました。

                    でっかい。金色、ぴかぴか。 ちゃねってみる。
                    「流されるままに流されなさい。抗わず、流されなさい」
                    そうなの。 流されるの? これ以上?
                    正直、無理なんですけど〜〜汗 しかし、何度聞いてもそれしか言わない。
                    私、無言、、、、、、。
                    その後はタクシーに乗って、住吉大社に行きました。
                    もう寒いし、本当はホテルに帰りたかったんですが、、呼ばれた。
                    で、住吉さんへGO!! 住吉大社さんでは初辰祭が行われていました。
                    そんなことも知らず、偶然に行った私は稲穂を見つけ
                    そういえば稲穂を何処かの神社でアマテラス様から頂いた ような気がするんだけれど?
                    どこの神社だったっけ? このことだったの? っていうか、
                    本当に私が手にしたサイズの稲穂が本当に 目の前にあって、思わずこれをください!
                    と言った私でございます。 3000円のご祈祷料を収めて、その後はお米に変えて頂きました。
                    何だかよくわからないけれど、とても嬉しかったです。
                    あの時アマテラス様から頂いた稲穂がここに、この時に繋がったんです。

                    もうビックリですよね。 本当に上のやることはわかりません。
                    本当に稲穂を手にするとは思わなかった。 感動しました。
                    でも稲穂を持ってご祈祷をしたとき握っている手が震えました。
                    あの時、アマテラス様に渡された記憶が蘇ってきました。
                    「実りと豊かさです」 と言われて受け取った稲穂を目の前に、
                    私はきょとんとしていたけれど 今日は心底嬉しかった。
                    ああ、あの時の私が見たイメージは間違いじゃなかったんだって。
                    日枝神社の紀元祭でもらったあの稲穂は、ここに繋がった。
                    凄いね。 何だか本当に凄いと思った。